SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

今日のお告げ

「才能ないんだから、あきらめろよ」

ちょっと蔑むような視線と、半笑い。 小馬鹿にし、見下し、優位を感じたい者たちが吐きかける毒。 絶好調の時は、そんな言葉も心に刺さらない。冒されない。 でも、ちょっと不安だったり、心配が続いているときだったり、ちょっとナイーブになってる時、そん…

これは僕らのための歌

気づいてみれば、 「そうだ、そうだ、忘れてた…!」 金ピカの、ご機嫌な、 feeeel goooood……!! sound……!!! スカパラボーカルコラボレーションにハズレなし! 輝きは、与えられるものではない。 もう、持ってる。 そこにあるじゃない…

21世紀の新しい戦いかた

感動のドキュメンタリー " マイケル・ムーアの世界侵略のススメ " あのマイケル・ムーアが世界侵略の旅に出ていた。 敵地より奪取してくるのは、 「優れたモノ」 イタリア フランス フィンランド スロベニア ドイツ ポルトガル ノルウェー チュニジア アイス…

そして、光となって飛ぶ

たとえば、人力で。 光の速さで飛ぶことが、可能だろうか。 無理である。不可能である。 そんなことは熟考するまでもなく、 わかってはいるのだが、 飛びたい。 光となって一直線、ぶっちぎって、 飛びたい。 ACIDMAN 『飛光』 光となって飛ぶ意思みなぎる屈…

曙光の輝きを。

何を信じているかなど、 問題ではない。 しらけている街、人々、 嘲笑、揶揄、 侮りの視線、蔑み、 引きずり落とそうと手ぐすね引いて待つ者たち、 すべて、 そのスピードで振り切る。 いま感じている この想い、 だけに、 賭ける。 鮮やかなイメージ、 その…

闇より現る救世主

振り下ろされる、斧……!!! " Axe To Fall " そのタイトル、 そして、ジャケ。 そして、1曲目、 " Dark Horse " ……もう、完っ璧じゃないだろうか。 闇の向こうより駆けて来る、黒い馬。 見えたと思ったときには既に、ここ。 一瞬で連れ去られ、荒れ狂い、…

蹴散らす愛

アクセル、ベタ踏みで、突っ走るかのような、 得体の知れぬケダモノが、森の中、樹々を薙ぎ倒し、土煙巻き上げ、爆走するかのような、 高揚感。 目の前を、「それ」が走ってゆくのを見ているのではなく、 「それ」になっている、高揚感。体感。 Convergeの "…

夜明けの一曲

ハスカードゥ 『 NEW DAY RISING 』 ギターとベースとドラムと声。 歌詞は " NEW DAY RISING " " NEW DAY RISING " " NEW DAY RISING " のみ。 文字に起こすと、" ニューーー! デーーーーイ! ラーーーーイジーーーング!!! " " ニューーー! デーーーー…

ちょいとぶらりと伊勢巡礼

11月14日、スーパームーンだっていうし、ちょうどいいかなって伊勢神宮。 ところが小雨。 霧も出てて。 まあ、いいんだけども。 カッコいいよなー。 でもね、この時、曇ってんの。 雨サラサラ降ってるの。 太陽見えなかったんだけど、太陽写る。 伊勢が…

祝福に満ちた日々を

今日から始まる最良の日々。 もっともっとよくなる。 おみくじで言うと大吉が連発する日々のはじまり。 大吉を生み出し続ける日々のはじまり。 はいっ、手拍子! 踊り出しちゃおう。 Pharrell Williams - Happy (1AM)

今が飛翔の時と知る

MONO " REQUIEM FOR HELL " インストゥルメンタル全5曲。 美しすぎて何度も何度も聴いてしまう。 ドラマチックな展開に、聴くたびに身震いしてしまう。 荘厳なジャケの示す通り、天上の音楽だし、神々しい。 でも「人」の音楽。 「人」に寄り添う音楽。 た…

もうこの一冊でいいんじゃないの?

つらい。 困った。 どうしようもない。 お手上げだ。 にっちもさっちもいかないの……!! 途方に暮れる。 助けて欲しいが、どうも無理。 思いつく限りのことはした。 アドバイスを求めてみたり、過去の経験から真理を導き出そうとがんばってみたり、やれるこ…

鬱病のともだち

幼馴染みの友人が「鬱」な「ニート」になって、かれこれ10年近くになる。 離婚した。 仕事を辞めた。 そのあたりが引き金となったのはわかりやすい「理由」で、本人は今も 「何が何だかわからない」 「動けない」 と言うが、周りの親しい仲間たちは皆だい…

『竜をつかまえにゆく』

今週のお題「最近おもしろかった本」 アーシュラ・K .ル=グウィンで『夜の言葉』 その名、そのタイトル、それだけで魔法が発動しそう。 『ゲド戦記』で知られる、ル=グウィンの " ファンタジー・SF論 " 夜の言葉―ファンタジー・SF論 (岩波現代文庫) 作者:…

『再起動のために』

今週のお題「ゴールデンウィーク2015」 休みが明ける、その前に、そっと呟く、魔法の呪文シリーズ その3 『今日から俺は!!』 言わずと知れた名作である。 シリアスなのかギャグなのか、ヤンキー物なのか青春物なのか、いいよ別にジャンル分けなんての、 笑…

『桜色した、天使のたまご』

天に上る、その途上に迷いなし。 そのような命もあるということを。 迷ったときには、鳴らして欲しいと思う。 " その時 "でないのなら、引き戻されることと思う。

『たすけて、心が壊れそう』

夜にちいさく軋むなら、読むといいよ。の『わが心のフラッシュマン / 中島梓』 素っ晴らしい評論である。時代を超えて読み継がれる、強い本である。 タイトルとカバーで、 「その時代のヒーロー物の評論なんでしょ」と思いがちなのだが、これ、 現代の物語…

『4月、師の月、志の月、4月』

その4巻を待っていた。 全11巻中、その4巻だけが絶版状態。 古書店見つけては「ないかな、ないかな」探し続けて、幾星霜。 そして、新装、1・2・3・4!!! 『力の話』、カスタネダシリーズ、その4巻を待っていた。 美しくて、強い。 待っていて、よかった。…

『4月、死の月、詩の月、4月』

" いっぺん死んでまた始めるための、DEATH 13 ふたたび始める、新たに始める 旅路の中間点に死神の13 その鎌が刈り取るのは命ではない ふたたび始める、新たに始めるための もういらない塵、芥 終わる過去に一瞬の感傷を 扉開く前のひと呼吸 縮み、高鳴り…

『真夜中、月明かりの下、めくる紙々』

嘘つけ バレバレだよ 才能がない、なんて、人様に聞かせる文句じゃないんだよ 「あんなの無理」と諦めたのは本当はやりたくなかったからだよ 「うわヘタクソ」と隣の誰かが、 あるいは好きなあの娘が「かっこつけてるけど痛々しいよね」 嗤ったからだ やめる…

『天に七弦、揺らめくオーロラは歌う"君の始まりの日へ"』

よくわからないが、涙が出そうになってしまう。 時と場合によってはきっと涙が出てしまう。 それはその壮大さであり勇壮さであり、個人を超えた、大きなものを描いているからであろうと推測する。 夜闇に浮かぶオーロラを、見たことはないが、知っている。 …

『復讐の焔は黒く黒く燃やす』

tragedy / vengeance

『ちょっと休憩。創るはミラクルなるオラクル。くるくる巡る、日々を占う』

オラクル【oracle】託宣。お告げのこと。 まもなく100記事。 ちょっと休憩しつつ、今後の展開を考えるシリーズその3。 その1において、記事の中身、込めるものについて再考した。 その2では、今後の継続、その在りかたを夢想してみた。 その3では、記…

『ちょっと休憩。願う軌跡は”メーヴェ”の流線』

“ 風に乗る。 なだらかで、やわらかで、どこまでも続く、ゆるやかな風に乗る。 小高い丘の上に立ち、蒼天の下、なびく草の海を眺めている。 手には紙飛行機。 搭載したエンジン、その勢いで飛ぶのではなく、 なだらかでやわらかな、その風の道筋に乗る。任…

『ちょっと休憩。目指す頂 " トニオ " を想う』

間もなく100記事。 穏やかな陽射しのもと、感じのよいカフェテラスで、海を眺めながら、 一杯のカプチーノを前に、静かに、今後のことを考えている。 静けさ誘う、潮騒。 ひらひらと舞う2匹の蝶。 厨房からは、大蒜とバターの溶け合った、食欲そそる匂い…

『春の嵐に "C/O/T/D"!!! 』

風が強い。 吹き荒れるような風に、桜が散ってゆく。 満開まで間もないというのに、もう散りはじめている。 1か0かではなく、咲き誇りながらも死を孕むその様相に、美。 これぞ日本… …などと感じ入りつつ、 散った桜の花びら追う柴犬のかわいさに、 「うわ、…

『マッドカプセルマーケッツの青の時代』

“生まれたばかりの絵画を燃やせ” “生まれたばかりの絵画を燃やせ” 前回のMAD記事 http://go-do-life.hatenablog.jp/entry/2015/03/30/145109 の続きである。 続きがあったのである。 少し前、LUNA SEAの"SHINE"が鳴り止まない、くせになる曲、いや最高という…

『はじまりがはじまる、その光の波にのまれてしまいたいよ』

美しいなあ…

『春の " struggle " 』

行く手遮る有象無象。 追いかけてくる、過去の影。 ぶっちぎり、驀進する獣といえば、 “モーサムトーンベンダー”!! 進化し、変態するバケモノの如し! 気づいたら、かつてのドラム氏はギターを持っているし、ベース氏メインで歌っていたり。 汗まみれ、黒…

『てめえらそこをどきやがれ!』

驀進する春の獣が眼に浮かぶ。 散った桜の花びらを、再び舞い上がらせて、 直進、怒涛の勢いで突き進む、 “蹴散らして、進め!!” 獣の姿が眼に浮かぶ、 タイトル出オチ!タイトル最高!そのタイトルだけで、もう力! 夢枕獏の短編 『てめえらそこをどきやが…