SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

小説 / 本

『その花の名は』

現在、絶賛劇場公開中の " 百日紅 "タイトルもいいんだよなあ。 北斎の娘が主人公である。 主題歌は椎名林檎である。 納得である。いいと思う。林檎さんらしい曲でよかった。 よかったが、しいて難を言えば、デビュー間もない、あの頃の林檎さんみたいなミ…

『そろそろ、あんたの絵を描きなよ』

江戸時代とか特に興味ないし。 葛飾北斎とか知らんし。「あー、あの有名な絵?波のやつ?」 という人間が、 「江戸時代、おっもしろ!」 「葛飾北斎って、ほんと、あんな人だったのかなあ!?」 好奇心ウズウズ発動、江戸のこと、北斎のこと、もっと知りた…

『悲しくて、痛い』

腹腔、うねり、渦巻き、鎌首もたげる大蛇のような。 冷静に冷静にと呼びかける調教師の言葉など聞く耳持たぬ、獣の類のような感情。抑えきれずに、わななく身体、 「あー、だめだ」 ぷちん。 切れてしまう。 つないでいた何かがちぎれてしまう。 その感じ、…

『金貨の雨が降ってくるような、そんな幸福感』

女性ばかりのパーティになってしまった、マイ・テラバトル。第6章へ。 野弓のグレース改め、遠弓のグレース。 葛藤のアリカ。 炎酒のダイアナ。 あとは老師と、トカゲの王と、トカゲの剣士。 男性キャラクター、老人とトカゲのみ。 バランス的にどうかと思…

『楽園を創造する者』

彼女の髪は赤くて、みんなと、違う。 仲間はずれにされるのがいやだから、作り笑いをして、話を合わせる。 私なんか取るに足らない存在。 彼女はそう思っている。 どこか違う世界へ。 そう願うことすら、この世界では、もう笑いの種。 だから、誰かを求めた…

『煌めく無数の星々をその手に』

銀河を舞台にした英雄たちの群像劇『銀河英雄伝説』 おそるべき傑作である。 帝国VS同盟。 独裁主義VS自由民主主義。 そこに裏より宇宙を牛耳ろうとする第3の経済国家が加わることで三つ巴。 架空の宇宙の人類史として、後世の歴史家が記した書の体裁で描か…

『人類の集合夢として新しい神話が生まれるのか』

" スターウォーズ・エピソード7" 予告では、ハン・ソロの「帰ってきたぜ」宣言。 もうそれだけで見る価値あり、12月期待して待て、と大掛かりな宣伝も始まっている、スターウォーズ新章エピソード7。 ダースベイダーを斃し、父を乗り越えたルークの物語…

『宇宙と書いて(そら)と読む』

" テラバトル " 知的なゲームである。 (さて、次はどう動かそう?) 考えるのが楽しい。 1回の勝負にかかる時間が5分から10分程度というのもいい。手頃。 空いた時間あると、ついやってしまう。 ちょっとずつ世界の秘密も明かされてゆくので、もう1戦、もう…

『そして銀河の夢を見る』

携帯でゲームとか。 3日前まで、これーーーぽっちも興味なかった。 画面小さいし。 しかし、『テラバトル』を知ってしまった。 即、ダウンロード。 画面タッチして、指くるくる。 戦い重ねるごとに、うまくなっていく。 「なにこれ、おもしろい…」 いま3章…

『万法流転の只中にあり鳥瞰、踊る覚悟も定まれり』

もう、この1冊があれば大丈夫。ゴチャゴチャうじゃうじゃ有象無象、現象に振り回されて、疲労疲弊。回復の鍵は思考の清浄化にあり。本質射抜く眼の曇り拭い、物事を正しく見つめるがよし。そして向かう現場は、戦場にして遊戯場。凛と背骨、すっと垂直、光る…

『受け継がれた蛇の遺伝子の物語』

「おまえにゲームを語る資格があるのか?」 と問われたら、即座に答える。 「ない!全然ない!!」 好きだけど、本命じゃない、たまに遊びたいあの娘、くらい。 あの娘も、だから、こっちを本命と思ってやしないし、 「ちょっと遊んでやっかな」、その程度…

『全知全能、唯一なるものにあらず』

日本は " 八百万の神々の国 " と言われる。 " 八 " が表すのは無限。 つまり何だって神様。" 八百万の神々 "、そのおおらかな精神性、大いなる調和の思想。 落ち着く。 湯呑み持って、眼を細める、優しいじいちゃんに見守られてような気持ちになる。 " 日本…

『ほんとの " TOKYO TRIBE " が観たい』

なんと素晴らしい企画であったことか。 なんと素晴らしい役者がそろったことか。 日本語で、HIP HOPで、ミュージカル。 斬新すぎる。 しかも、あの " TOKYO TRIBE " ときたら。 ベテラン、中堅、若手、と日本語HIP HOPの世界も、より多彩に、より深く、より…

『再起動のために』

今週のお題「ゴールデンウィーク2015」 休みが明ける、その前に、そっと呟く、魔法の呪文シリーズ その3 『今日から俺は!!』 言わずと知れた名作である。 シリアスなのかギャグなのか、ヤンキー物なのか青春物なのか、いいよ別にジャンル分けなんての、 笑…

『タイム誌が選ぶ世界の100人、魔法つかいの名がそこに』

一家に一冊、あるべきの。 ホントに役立つのでびっくりな。 『人生がときめく片づけの魔法』 片付けの本である。 だが、このタイトルと表紙に間違いはなく、魔法の本である。 この近藤さんという方、生粋の片付けマニアであり、 突き詰めてゆくことでマニア…

『魔法の呪文シリーズその2 ”逃げます ” 』

自分より遥かに強大な、金と権力ーー力ーー持つ” 首領 ” に脅された時に有効である。 若者向けである。 ”キマイラ”シリーズ巻の3 餓狼変 腕っぷしにかけては少々自信のある、巨漢の高校生、九十九三蔵は、自分より遥かに強大な” 力 ” 持つ”黒幕” に、 「君は…

『 豹頭の王が統べる世を / " グイン・サーガ " 』

ラストシーンはわかっていた。 " 豹頭王の花嫁 " が誰なのかはわからずとも、その祝福された婚姻、そして来たる " 黄金の時代 " を予感させての、盛大なるフィナーレ、迫る感動の嵐と滂沱の涙、 「めでたしめでたし」の終幕は想像することができた。 未完。…

『たすけて、心が壊れそう』

夜にちいさく軋むなら、読むといいよ。の『わが心のフラッシュマン / 中島梓』 素っ晴らしい評論である。時代を超えて読み継がれる、強い本である。 タイトルとカバーで、 「その時代のヒーロー物の評論なんでしょ」と思いがちなのだが、これ、 現代の物語…

『4月、師の月、志の月、4月』

その4巻を待っていた。 全11巻中、その4巻だけが絶版状態。 古書店見つけては「ないかな、ないかな」探し続けて、幾星霜。 そして、新装、1・2・3・4!!! 『力の話』、カスタネダシリーズ、その4巻を待っていた。 美しくて、強い。 待っていて、よかった。…

『真夜中、月明かりの下、めくる紙々』

嘘つけ バレバレだよ 才能がない、なんて、人様に聞かせる文句じゃないんだよ 「あんなの無理」と諦めたのは本当はやりたくなかったからだよ 「うわヘタクソ」と隣の誰かが、 あるいは好きなあの娘が「かっこつけてるけど痛々しいよね」 嗤ったからだ やめる…

『天覆う、闇の底ぶち抜いて、光の柱が地に突き立てられる』

『ベルセルク』について語る最終回である。 ついつい書きたくなっちゃっての4回目である。 読み返し、思い返し、『ベルセルク』のことばかり考えて3日間過ごしていた。 ふと思った。 ベルセルクに合う音楽ってどんなのだろう。 まず思いついたのが、" ICT…

『紅蓮に身を染めてまで、守るべきものがあるというのか  / " ベルセルク " 』

前回に引き続き、『ベルセルク』の話である。 壮大なプロローグであった、" 白と黒 " 司る2人の友情を描いたあの時代が、好きである。 彼はそれまで、たったひとりであり、誰を信じることもなく、ただ己の力のみを頼りに生きてきたのである。 それが、生き…

『白で救う。魔、従えて、眩い光で世界を救う / "ベルセルク"』

前回に引き続き、『ベルセルク』の話である。 『黒で埋め尽くす。こころも、魂も、すべて黒で埋め尽くす』 - SOUL EAT!!! セオリー通りの西洋型ファンタジーであれば、主人公はグリフィスであり、 ガッツは、騎士が王になる物語の途上、現れる"黒い傭兵の…

『もっとも怪奇にして奇怪な復讐物語/ " 魔界行 " 』

男は、妻と子供を奪われた。 世にも残虐な、残酷な仕打ちを受け、喪った。 因果関係もない、不条理な、偶然。 男の名は南雲秋人。ロサンゼルスの片隅で花屋を営む男。 彼は復讐を誓う。 妻と子を奪ったマフィアに報復を誓う。 そして、部屋の隅にあるロッカ…

『てめえらそこをどきやがれ!』

驀進する春の獣が眼に浮かぶ。 散った桜の花びらを、再び舞い上がらせて、 直進、怒涛の勢いで突き進む、 “蹴散らして、進め!!” 獣の姿が眼に浮かぶ、 タイトル出オチ!タイトル最高!そのタイトルだけで、もう力! 夢枕獏の短編 『てめえらそこをどきやが…

『ラッキーナンバー“8”』

これだけは手放せない。 時代が変わろうと、 そこにこめられ、刻まれた熱は、今なお色褪せない、 そんな名盤、 NAHT 『NARROW WAYS』 " I will take another round " (俺はやり直すことにする…) " I will take another round " (俺はやり直すことにする……

『俺はシロを信じるよ』

なりたい んじゃなくて、 なる。 そう決めた。 見せてくれた大学ノートには、 びっしりと、人間の体について調べたことが書き綴られていた。 彼は医者になるんだそうである。 齢9つである。 『穴を掘る』 そう決めたのなら、 一心不乱、周囲のあれこれなど…

『 内なる獣に名前を与える 』

“心の中に魔物がいる” ちょっと笑いながら、仕事終わりに雑談していたら、 思いのほか真面目な話になって、 のくだり。 友人に、浮気性の男がいる。 どうしても止められない。という。 アタマの中で、漫画みたいに、 天使と悪魔が戦うそうである。 そして悪…

 ≪SOUL BLOOD WORKS≫

メビウスの輪の中心に 太陽の歯車 ひとつ、置いて 銀河のうねりで 焔を灯す 創造の " 1 " 無限に燃える " 1 " を灯す。 ≪SOUL BLOOD WORKS≫ 「ちょっと兄さん、火、貸してくんない?」 「はいよっ、使いな」 その程度。 小型ライター、その程度。 できること…

『宇宙にだって飛んでいける』

彼女の夢は、 “ 新しい星を発見する人になる ” こと。 そのためには、何が必要だろう? あっ。英語だ。 英語がしゃべれたほうがいい! そう思ったそうである。 だから、4月から、英語を勉強するんだよ。 そう教えてくれたのは、5歳の少女である。 夢半ばに…