SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

音楽

「才能ないんだから、あきらめろよ」

ちょっと蔑むような視線と、半笑い。 小馬鹿にし、見下し、優位を感じたい者たちが吐きかける毒。 絶好調の時は、そんな言葉も心に刺さらない。冒されない。 でも、ちょっと不安だったり、心配が続いているときだったり、ちょっとナイーブになってる時、そん…

卒業する気はさらさらない

出会ったときから、今に至るまで。 最初から最後まで、ずっと。 氷室は「ものすごくカッコいい先輩」のような存在だった。 初めてCD屋に " 一刻もはやくその音源を手に入れなければ……!!!" と駆けんだ、思い入れの強いアルバム2枚。 円盤が火を吹いて回転…

これは僕らのための歌

気づいてみれば、 「そうだ、そうだ、忘れてた…!」 金ピカの、ご機嫌な、 feeeel goooood……!! sound……!!! スカパラボーカルコラボレーションにハズレなし! 輝きは、与えられるものではない。 もう、持ってる。 そこにあるじゃない…

「今」を生きるための1曲

火花散らす、 男2人の掛け合いに、 閉じていた門さえ開くかのような。 炸裂するダイナミックなエネルギー。 滾り、迸る、 命と命。 衝突し、融合する、 本音と本音のコミュニケーション。 カッコよすぎて震えちゃう1曲。

凄い名曲の予感…

The Birthday " 抱きしめたい " じわじわ、わくわくするような、静かで美しいイントロから、 「俺は決めたんだ」 意思が放たれる瞬間、ぞくりとする。 そして、 おっそろしくカッコいい声で歌われる、 「根こそぎ抱きしめてやる」 強い言葉。 映…

きらきらと儚くて寂しい光

一音。 出だしの1秒から、もう、悲しい。 寂しい。 そんな世界に行ったことなどないのに、 なぜか、知っている。 悲しく、 寂しく、 なぜか、懐かしい。 ジョン・フルシアンテのギターが描き出す悲しくて、寂しい世界。 " ディスコ・キングを連れてきてくれ…

『光について』の美しさ

切なくて、強い一曲。 " 涙に流れて使えなかった言葉を 空に浮かべていた " その一節、そのやるせない感情。そのままのような曲。歌。 たとえば、クリスマス。 浮かれ騒ぐ街と人々を、ひとりぼっちで眺めているような。 かつて知っていた喜びや嬉しさは、も…

そして、光となって飛ぶ

たとえば、人力で。 光の速さで飛ぶことが、可能だろうか。 無理である。不可能である。 そんなことは熟考するまでもなく、 わかってはいるのだが、 飛びたい。 光となって一直線、ぶっちぎって、 飛びたい。 ACIDMAN 『飛光』 光となって飛ぶ意思みなぎる屈…

発光、認め、走り出す

ROSSO の名曲 『発光』 冬の歌。 マイナス6度の世界。屋根のはげたジャガー。シートにひとり潜りこむ男。 イントロの音、描かれる情景。 映画を観ているよう。 けだるげな声。 ひとり行く当てもなく、マイナス6度の世界で、車の中。 冬の冷たい風。 ひとり…

曙光の輝きを。

何を信じているかなど、 問題ではない。 しらけている街、人々、 嘲笑、揶揄、 侮りの視線、蔑み、 引きずり落とそうと手ぐすね引いて待つ者たち、 すべて、 そのスピードで振り切る。 いま感じている この想い、 だけに、 賭ける。 鮮やかなイメージ、 その…

闇より現る救世主

振り下ろされる、斧……!!! " Axe To Fall " そのタイトル、 そして、ジャケ。 そして、1曲目、 " Dark Horse " ……もう、完っ璧じゃないだろうか。 闇の向こうより駆けて来る、黒い馬。 見えたと思ったときには既に、ここ。 一瞬で連れ去られ、荒れ狂い、…

蹴散らす愛

アクセル、ベタ踏みで、突っ走るかのような、 得体の知れぬケダモノが、森の中、樹々を薙ぎ倒し、土煙巻き上げ、爆走するかのような、 高揚感。 目の前を、「それ」が走ってゆくのを見ているのではなく、 「それ」になっている、高揚感。体感。 Convergeの "…

夜明けの一曲

ハスカードゥ 『 NEW DAY RISING 』 ギターとベースとドラムと声。 歌詞は " NEW DAY RISING " " NEW DAY RISING " " NEW DAY RISING " のみ。 文字に起こすと、" ニューーー! デーーーーイ! ラーーーーイジーーーング!!! " " ニューーー! デーーーー…

祝福に満ちた日々を

今日から始まる最良の日々。 もっともっとよくなる。 おみくじで言うと大吉が連発する日々のはじまり。 大吉を生み出し続ける日々のはじまり。 はいっ、手拍子! 踊り出しちゃおう。 Pharrell Williams - Happy (1AM)

今が飛翔の時と知る

MONO " REQUIEM FOR HELL " インストゥルメンタル全5曲。 美しすぎて何度も何度も聴いてしまう。 ドラマチックな展開に、聴くたびに身震いしてしまう。 荘厳なジャケの示す通り、天上の音楽だし、神々しい。 でも「人」の音楽。 「人」に寄り添う音楽。 た…

クール!

なにげなくユーチューブの音楽動画をサーフ、 「あ、かっこいい……!」 もう一回巻き戻して最初から。 " THE REMEDY " 男女のツインボーカル。 アメリカなのかな。 男性ボーカルはモヒカンで丸形のサングラスかけてて、なんか怪しい。 toolのボーカルみたいな…

アイドルを愛することによって得るメンタルの強さはフィジカルに反映する。

90日間、トレーニングに励んでみた結果。 体脂肪が10%を切った。鏡に映る、引き締まったボディにうっとり。 現役アスリート並の体脂肪。その事実!その数値!誰彼かまわず自慢したくなるような心持ち。 ネエネエ、ガンバッタヨ!ボク! 今のところ、自…

67分の物語が、長い、冬の夜を終わらせる。 MONO " Hymn to the Immortal Wind "

MONO " Hymn to the Immortal Wind " 不死の風への讃歌 美しいアルバムである。 この上なく美しい、インストゥルメンタルミュージックである。 ひとり長い夜を抱え続ける人には、響く。 吹雪の中、ひとり歩き続けているような孤独な夜に響く。 守り通さねば…

心地よい風が吹くところ。 " アンビエント・ドライヴァー "

細野晴臣という人は、いったい何者なんだろう??? 前々から、疑問に思っていた。 YMO、はっぴぃえんど。その2つとっても、同一人物の手になるものとは思えない。 スタジオミュージシャンのようでもないし、プロデューサーという感じでもない。 肩書きは「…

82日目にして挫折する。筋トレあるある。

「やーめた!」っと。自分に宣言するわけでもなく。気付いたら、やっていない。2016年の始まりに立てた誓い。「肉体改造」「筋力増強計画」が軌道に乗り、順調にむきむきしてきたものの、頭打ち。これ以上は、伸びない。そう感じさせる、微増もしない、横ば…

追い風、背中に受けて、走り出したくなる1曲。

MONOEYES ” Run Run ” 追い風が吹く。 背中を押される。 運命、味方につけてくれる。 そんな曲。 追い風だから、自然と速度があがってく。 心地よいから、おもいきって跳んでみる。 落ちたら真っ逆さまの、底の知れない暗い谷。 向こう側まで、届くか。飛べ…

" 竜が、蛇の毒のために死んだためしがあるだろうか? "

楽しいニーチェ入門。 「哲学」っていうと、「ニーチェ」っていうと気難しそうなイメージ。 でも、" ツァラトゥストラはこう言った " 読むと、そんなイメージも180度ひっくりかえる。 力がみなぎっている。 生命そのものを、鼓舞するかのような、ためらい…

ほんとうに大事なことを忘れないようにして生きていくにはどうしたらいいのか。

稲葉浩志の " 念書 " という歌を聴いた。 B'zのボーカリストだってことは知ってた。 歌がうまくて、男前で、鍛え抜かれた肉体に色っぽさまで備えた、ロックシンガーだってことは知ってた。 ソロ作品があるってことも知ってたが、耳にすることはなかった。 耳…

エレファントカシマシ " RAINBOW " の魔法。

ちょっと、格好よすぎる。 決意の。覚悟の。全身全霊の。 まるごと何もかも受け入れ、引き受け、そこに立つ、歌う、叫ぶ、男の姿が、もう、ありありと。 " それが俺さ " " それが俺さ " と歌う、その声、姿に惚れ惚れする。 「かっこいい」「惚れる」 でも、…

走りながら音楽を聴くのにベスト。トランセンドのMP300はものすごく良い。

3000円を切るという、低価格。 音質も悪くないし、付属のイヤホンも問題ない。 8ギガ、2000曲? 十分すぎる。 ライターとほぼ変わらない大きさ。重さ。 充電もパソコンにつないで簡単。 CDからパソコンに落とすのも楽々、あっという間。 「走りなが…

失われた10年を取り戻すことはできないが。高橋みなみの " リーダー論 " を読む。

アイドル「なんて」興味はないし、芸能界とか日本の狭い文化祭みたいな騒ぎに一喜一憂するのはバカみたいだし、そこで賞を取っただとか、CDのセールスがミリオン突破だとか、ほんと、どうでもいい事柄で、まったく、全然、スルーしていたんだけど。 さすがに…

ミッシェル・ガン・エレファント まとめ

第一回 go-do-life.hatenablog.jp 1st go-do-life.hatenablog.jp 2nd go-do-life.hatenablog.jp go-do-life.hatenablog.jp 3rd go-do-life.hatenablog.jp go-do-life.hatenablog.jp go-do-life.hatenablog.jp go-do-life.hatenablog.jp ちょっと番…

『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡について語る  最後の回 " BURNING MOTORS GO LAST HEAVEN " 』

最終回。 全25回に渡り、時系列に沿ってミッシェルガンエレファントについて語ってきた。 これで最後である。 本稿を書きたいがため、「それ」を叫びたいがゆえ、24回をかけたとも言える。 それはラストライブ " BURNING MOTORS GO LAST HEAVEN " につい…

『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡について語る  その24 かっこよすぎるだろう3曲 』

「あ、光った」 と見た次の瞬間には既に落雷。 " KWACKER " ギターが鳴った、次の瞬間にはもう帯電。痺れてる。 ミックグリーン、ミッシェル共演インスト。 意外と知られてないのでは。 雷落ちるとこ見ることはあっても、浴びる経験は滅多にない。 そして海…

『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡について語る  その23  その先に散り、その先に行く " エレクトリック・サーカス " 』

ミッシェル最後の。 “ 夜になってから 花は咲く ” それはきっと、夜明けにはまだ少し早い、もっとも暗い時間を抜けたあと。 ミッシェル最後の。本当にこれで最後の。 悲しくて、美しくて、激しくて。 突っ放されるような、希望を植えつけられるような。 この…