読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

 その5  『ソナチネに撃たれた日』

はじめに。 映画

 

とある朝、ふと、新聞を見た。

 

北野武監督映画。三本立て。新宿。の記事。

『HANA‐BI』が海外で受賞した頃の話。

 

小学生のころ、『その男、凶暴につき』を観て、怖かった印象のある北野映画

なんとなく、観に行きたくなった。

新宿ならちょうどいい。一本目、『ソナチネ』というやつだけ観て、午後の授業に出よう。時間もぴったりだ。

 

映画もそこそこ観るようになっていて、ハリウッド物はどれも似たり寄ったりなんだな、Vシネマって面白いな、ヨーロッパにもすごいのがあるんだな、とワクワクしながら新しいものを探していたときだった。

 

 

冒頭から釘付けになった。

 

それは今までに観たことがないものだった。

 

最後の銃撃のシーン。

美しくて、そっけなくて、悲しくて、痛くて。

銃声のたびにシートに自分が打ちつけられているように感じた。

その演出のかっこよさにやられた。

シートから、動けなかった。

 

 

『3-4X10月』『その男、凶暴につき

 

ソナチネからの三本立て。

 

瞳孔開きっぱなしだった。

映画館を出たあと、空はまだ明るかった。

これを観るために俺の今日はあったんだ、と、ごく素直に、思った。

 

 

新しく始める瞬間の号砲として、それまでの自分が死ぬ一撃として、『ソナチネ』があったこと。

映画に撃たれた、初めての経験の話。

 

 

 

 

ソナチネ [DVD]