読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡について語る その2 』

cult grass stars

 

俺らは好きなことしかやんないから。

 

といった、シニカルでクールな態度も魅力的だった初期。

 

『俺』の視点で語られる詩も、この頃はまだ、『僕ら』とかわらぬ路上の感覚で紡がれている。

だるそうで、ぶっきらぼうで、自分の嗜好にだけは真摯で。

路上の詩人が、けだるい夜の底で見た景色。

居心地の悪い世界に対し、大切なものだけは譲らない、と静かな戦いを挑む、初期村上春樹の描いた『僕』にも似たモノローグ。

しかし、ミッシェルには音楽があった。

内なる火を抱え、内界を降りてゆく『僕』に対し、チバの描く『俺』は火を掲げ、放った。

 

『俺』がしたいのは、ロックンロールだから。

 

照れることもなく、茶化すこともなく、『うるせえな、知らねえよ』と叩きつけた音楽。

 

1stアルバム

『cult grass stars』

 

メロディも軽快で、重さよりも切れ味の鋭さが光る。

 

エフェクターの類は一切使わず、アンプ直。使うのはカールコード。

閉じているんだか、開いているんだか。

得体の知れぬ、なんだかカッコいいバンドが出てきたぞ…!の

1stアルバム『cult grass stars』

の中から、名曲、『ブラックタンバリン』!

 

 

 

 

 

 

go-do-life.hatenablog.jp