読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡について語る その4  -High Time- 』

そして待望の2nd 『 High Time 』である。

謎の覆面男と異国のスーパーマーケットのジャケも抜けのよさを感じさせる。

High Time

ミッシェル初期の、晴れて乾いた空気感が魅力的な名盤である。

 

『異国』と、どこかコミカルな覆面スーツの男。

 

その後のメンバーの活動や、伝説となったミッシェルのイメージからは想像がつきにくいが、初期ミッシェルには、『笑い』の要素、世間を相手に『笑ってやるよ』と『すかした』感じがある。

 

自分の音楽の趣味にはこだわりがあって、けっしてそれは譲らない。

くだらない音楽には、くだらねえって言う。

好きな奴だけ聴いて、踊ってくれりゃいいよ。

 

 

そんな態度とスタイルでやってけるとでも?

 

期待はされつつ、その傲岸不遜に半信半疑、遠目に見ている人も多かったと思う。

 

だからこそ、そのふてぶてしさ、『面白けりゃいいよ』と振り切った姿が際立ってカッコよく、応援したくもなったのだ。

 

『戦略』なんてものは、ない。

『別に。俺らは俺らの音楽をやるだけ』

それもまたアーティストサイドのマネジメントだったのか、は知らない。

 

ただひとつ、はっきりと言えることは、そう言い放ち、証明するだけのライブをし、作品を作っていた、ということである。

 

『どれがシングルでもいいよ』

 

とは、まさに。どれもいいからだ。

アルバムとしての統一感と、一曲ごとの多彩さ。

 

『シャンデリヤ』のカッティングだけでも。

『 blue nylon shirts 』の空を見上げたくなるような詩情だけでも。

『 sweet MONACO 』の踊り倒して歌い倒したくなるような爽快感だけでも。

 

もう、『カッコいいなあ…!』と思わずにはいられない。

勝手に身体が動き出している。

 

 

2ndアルバム

『 High Time 』

聴き倒すことをおすすめする。

 

High Time

High Time

 

 

 

 

go-do-life.hatenablog.jp