SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡について語る その5    カルチャー 』

 

けだるげでいて、確信に満ち溢れていて――

 

今ではちょっと自虐的にも小ばかにするようにも使われている、

『ゆとり』

という言葉。

 

 

『カルチャー』で鳴らされている音には、『ゆとり』が感じられる。

それでいて、核心的な焔がある。

 

『ゆとり』という言葉の定義を、この、

“『カルチャー』で鳴らされている感じ ”

に変えてしまいたい。

 

だるいな。

面倒くさいな。

楽をしよう。楽がしたい。

適度に、傷つけあわず、みんな仲良くやろうじゃないか。

 

で、選ばれた言葉が、『ゆとり』。

 

そういうんじゃなくて。

 

この『カルチャー』の確信に満ちた、テンポとリフ。

だらけてるようで見据えてる、チバの歌い出し。

 

こういう感じを『ゆとり』と呼びたい。

 

 

 

 シングル盤、3曲目の『カーテン』もまたいいんだ。

『ランドリー』の吹っ切れた感覚、『 CISCO ~想い出のサンフランシスコ( She's gone ) 』の意味不明国名シリーズもカッコイイのですが、個人的には、『これから新しい何かが始まる…』と予感させるような、『カーテン』が好き。

ギターソロにうずうずする。

 

 

 

 

 

 

 

カルチャー

 

 

 

go-do-life.hatenablog.jp