読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡について語る その6   ゲット・アップ・ルーシー 』

 

新しい世界の幕が開く。

目覚めの一曲。

 

『ゲット・アップ・ルーシー』

  

『化ける』という言葉がある。

それまではそんな成長も進化も感じられなかったのに、突然、啓示でも受けたのか、神の囁きが舞い降りたのか、ガラリと変貌し、突き抜けた存在となる。

 

ミッシェルの『ゲット・アップ・ルーシー』は、そういう類の曲じゃない。

 

作風はそれまでの流れの中にあって、イントロ一聴、『あ、ミッシェル』とわかる。

音も、『カルチャー』の流れで聴くと、まったく違和感がない。

 

にもかかわらず、

ここには、新しく世界を踏み出した、今までとは違う、高らかな宣誓のような新鮮さがある。

 

  

産声はまだ聴こえない。

薄い膜を破って、新しく変貌したその姿を見せつつある、怪物のような。

 

『化ける』のではなく、それは最初から『化け物』だったのだ、とでも言うように。

 

 

“歩いてるけど眼は閉じたまま”

 

 

『それ』は歩き出したのだ。

 

『眼』はまだ開いていない。

目覚めてるのに、眼は開いてない。

 

 

新章突入を告げる名曲。

 

 

『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡 その7 踊るロマンのチミドロを!! “バードメン” 』 - SOUL EAT!!!

 『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡 その5 カルチャー 』 - SOUL EAT!!!

 

 

Get up Lucy