読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『彼氏を、彼女を、ふつうに愛したい。と言うのなら』

お役立ち 映画

 

今、このタイミングで、この時期にヒットする。

それも、口コミで広がり続け、爆発的にヒットする。

そんな作品。

 

なぜ、そこまで。

 

いかがわしい、公序良俗に反する、表舞台には出てこない、出てこれない、そんな世界だからこそできた表現。

それを『映画』にしてしまったのは、ひとえに監督の力だろう。

センチメンタルで、カッコよくて、ばかばかしくて。

下衆であると、『くだらない』と、一蹴されても仕方のない企画が、加工されることのない『実状』を浮き彫りにしてしまっていること。それがとてつもなくおもしろいということ。

だが、それだけでは『映画』ではなかったろう。

『ドキュメント』の要素も素晴らしい、好事家の間で名作と謳われる『よい作品』であったろう。(前作がそうだった)

 

それが、何故この2013年バージョンが、今、ヒットしたのか、熱量渦巻く盛り上がりを見せているのか。

 

それは、セキララな、本当に皆が知りたいと思っていること、感じていることを現していたからか。

それもあるだろう。

 

 

だが、あれを観た人たちが、

『すごい…!』

と驚嘆したのは、やはり、そこに、心が描かれていたからではなかったか。

 

 

心をぐっとつかまれる瞬間が、

作り物でない、人間の、ささやかな心が、

収められていたからではなかったか。

 

下衆で、いかがわしい、くだらない、バカ騒ぎ。

『ちょっとH』どころでない、リアルな性。

欲望を喚起するために作られた作品ではない。

心を描くために作られた作品、『映画』、だ。

 

観終わったあとの爽快感、あるいは涙。

元より映像センスでは業界異端のかっこよさを放っていた監督の、『俺たちの世界』を世に媚びることもなく、てらうこともなく作り上げた手腕には、ただ一言。

『すげえ…!』

 

普段、その世界に興味がない人たちにまで、その熱を届けた映画、

『テレクラキャノンボール 2013』

あの映画を『ふつう』に『よかった』と言える時代に、『希望』のような、『勇気』のような力が湧く。