読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『論理の刃で斬り裂け、無明 “14歳からの哲学/池田晶子 ”』

お役立ち 小説 / 本

 

『生と死は表裏一体』

 

などと言う。

 

『白』か『黒』か。

 

まるでオセロだ。

 

『生』と『死』はオセロなのか。

 

いや、待て。

 

『死ぬ』って、なんだ?

 

生まれる前。

とは、概念でわかる。

だが、生まれる前って、何だ?

 

そもそも、『わたし』って、何だ?

 

 

それを『考える』ことを『哲学』って言うんだよ。

 

宇宙に放り投げられて、ぐるぐるさまよって、

もう、どうしようもない!と諦めそうになるとき。

 

もう大丈夫。

 

ここに戻ってくればいいから。

 

屹立する、光の尖塔のような、

峻厳なのに温かい、

その言葉。その思考。

 

強く生き抜くための武器。

傷つけるためでなく、字義通り、『武』の『器』としての『知性』

 

 

なんか、みんな、考えてないような気がする…

『生』とか『死』とか、もっと知りたい…考えたい…

そういう風に考えるのって、おかしいのかな…

 

などと考える若い人にこそ、絶対に読んでおいたほうがいい、

 

必読!必ず、読むべし!!

 

の書群。

その中から、まずはこの一冊を。

 

本当に、この本が、

中学校の授業としてカリキュラムに組みこまれたら?

と夢想するのは、おもしろい。

どうなるんだろ?世界?

 

一読、二読どころか、何回も何回も、

人生の節目節目、傍らに置いて『対話』することで、どれほど勇気を得るだろう、火がつくのだろう。

 

ここでおすすめしなくとも、間違いなく後世に残る名著。

 

悩むところは、そこじゃない。

 

そうわかるだけでも、数倍、生きるのが楽になる。

 

この本を書かれて、池田晶子さんは亡くなられた。

その、凛たる結晶のごとき、生と著作。

 

『生きること』

『死ぬこと』

 

14歳に向けて書かれた、この

『14歳からの哲学』

『後から来た人』への優しさに満ちた、ほんものの『先生』の本である。

 

14歳からの哲学 考えるための教科書

14歳からの哲学 考えるための教科書