読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『花粉症が治ったのは“ 夢をかなえるゾウ ”のおかげだったか』

お役立ち 小説 / 本

 

それは突然のことであった。

 

目がかゆい。

鼻水はだらだら。

くしゃみは止まらず。

身体もだるい。

 

『花粉症』とは無縁の暮らしを送っていた僕は、その状態を、まず、『長引く風邪』と捉えた。

 

そのころはまだ、市販の薬を飲むことが『手当て』と思っていたから、「これは効かない」「これは意外と鼻水止まる」といろいろ試しては、結局、イマイチ、だるい頭と身体を引きずるようにして「あー、かったるい…」と生きていた。

 

あまりに長引くものだから、病院へ行った。

血液検査をすると、『花粉症』であることが判明した。

スギ、ヒノキ、ブタクサ、カモガヤ、おまけにダストアレルギー。

一年まるまるアレルギー警報。

 

死に至る病ではないが、まあ、とにかく、うっとうしい。

ケータイ、財布に加えて、点鼻薬が毎日持ち歩く必需品となった。

  

 

当時、僕は仕事を辞め、時間を持て余していた。

さて次は何をしよう。

と考えている頃、仲良くしている後輩から、

『たくましい肉体をつくるためのレシピ』

をプレゼントしてもらった。

 

『見せる』ための筋肉ではなく、実用的な『使える』筋肉。

『使える』身体を作るための、トレーニングスケジュールである。

 

ドラゴンボール』に出てくる、孫悟空を神と崇め、幼いころより身体を鍛え、野山を走り回り、生後間もなく、ハイハイで町を徘徊したという伝説を持つ彼は、気のいい奴で、

「ちょっと体鍛え直さないとなー」

という僕のつぶやきに、素早くアイディアを提供してくれたのだ。

 

僕は彼の作ってくれたメニューを淡々とこなし続けた。

何も特別なことはない。

ごく普通の、やろうと思えば誰でもできる筋力トレーニングだった。

だがやはり最初はきつい。

心折れることなく進められたのは、日に日に変わっていく自分の肉体がおもしろかったことと、

こんな風になってきた。と後輩に報告するのが楽しみになっていたからだ。

 

3ヶ月もすると、それなりに『たくましい身体』ができてきた。

その辺りで気づいたことがある。

水が美味い。

鍛えたあとに流し入れる水は、文字通り、全身に染み渡るようだ。

意識せずとも、身体が欲するもの、がわかってくるようになった。

 

気付いたら、花粉に反応しない自分になっていた。

要は、デトックス、だったのだろう。

まずは身体の毒素の部分を洗い流し、身体の求めるものを入れていく。

健康食品である、無農薬である、と気にしなくても、自然と身体は自然なものを欲するようになる。

 

健康な『体』

というよりも、

健康な『心身』

『心』と『身体』を『ひとつ』と捉える在り方が『自然』なこと。

を理解するようになった。

 

心を変えれば、行動が変わり、体も変わる。

体を変えれば、思考や想い、心の向きも変わってゆく。

 

 

なぜ花粉症が消えたのか、その原因と最も効果的な方法を明確にお伝えできないのが、残念だ。

だが、このケースに限っては、汗を流し、毒素を流し、大掃除のように、身体に溜まった余分なあれこれを排出したこと、デトックスが要だったのだろう。

 

だが、そのパートナー、トレーナーとして愉快な後輩がいてくれたことも、重要な要素ではなかったか。

 

『おもしろい!』『楽しい!』と、きついメニューをこなせたのは、彼との対話がなければ続けられなかった。

デトックスと、楽しさを持続させるモチベーション。

 

毒素排出ならヨガもいいだろうし、毎日ランニングしてみる。ウォーキングしてみる。でもいいだろう。

 

だがそこに、

あの人への熱い想いとか、

彼女を抱きしめるにふさわしい肉体を!

とか、何でもよいのだが、理想の自分を思い描き、近づけていくことを楽しめるモチベーションがあると良いと思う。

 

花粉症って、

もう!めんどくさい!

うっとうしい!どうにかならんのか!

十分意識したら、

まあ、それは置いといて。

 

理想の自分を思い描いたほうが効果的。

そのために、身体を使ってできること。

続けることが、ちょっと面倒くさそうで、でも持続できたら、『変わってるだろうな』と思えるもの。

 

人間が『変わる』ことは、実はとても簡単なことで、でも、『思って』いるだけだと効果は薄い。

ふだん無意識に考えていること、泡沫のごとく浮かび上がっては消えていく思考。

『こうなったらいいな』の美しい泡だけが、あなたを守り、導いてくれる目印となってくれるか。

というと、そんなバブルフィーバーの中で、『考え』『想い』は、それがどんなに美しく正しくあろうと、ただの泡にすぎない。

 

だから、行動してしまう。

 

目に見える、体感できる、『身体』に関わることをする。

 

理想へと近づく旅路が楽しくないわけがない。

変わっていく心身を楽しんでいる内、花粉症は治っているかもしれない。治らなくても、季節が去っていることは期待できる。

 

 

 最近読んで、

『うわっ、やっぱおもしろいな!』

 と拍手喝采した、『夢をかなえるゾウ3』

どうしようもない主人公とどうしようもない神様の掛け合いが、もう、面白いのだが、『自己啓発』の『実用書』としての機能もきちんと備えている。

有用な情報の丁寧かつ真摯な整理。

笑いながら読んでいるうちに、これならできる、こうしてみようかな、とアイディアが湧いてくる。

 

春は花粉症の季節である。

そして、何かをはじめるにふさわしい季節である。

 

愉快なパートナーや、仲間や、ガイドを得て、

今までとは違う何かをはじめるにふさわしい時である。

 

花粉症に限らず、

うっとうしく、わずらわしい症状を抱えているいないに限らず、

何かをはじめてみたとき、そのうっとうしさやわずらわしさが、いつの間にか消えている。

そのくらいの小さな奇跡、誰にだって起こりうる。

 

夢をかなえるゾウ3  ブラックガネーシャの教え

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

 

 

『ホントに役立つ本のこと』 - SOUL EAT!!!