読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

ひな祭りを『女子』の日とするならば。

 

女子には可愛くいて欲しい。

女子には笑っていて欲しい。

 

女子の笑いがない世界。

 

想像するだに怖ろしい。

それは荒寥たる、茫漠たる、石と砂の世界であろう。

 

 

”元始、女性は太陽であった”

太陽のない世界にはもう戻らない。

蒼白い月のような心と仮面で、あなた自身を覆ってしまってはならない。

 

 

切に願う。

女性には美しくあって欲しい。

己の太陽を、天才を、輝かせていて欲しい。

 

『護るべきもの』

を持ったとき、男は、自分の定めた限界を超える。

誇りを胸に抱いた騎士にだってなれる。

 

どうか、女性たちよ。

たおやかに微笑み、しなやかに、軽やかに、世界を奇蹟の遊び場と慈しんで欲しい。

護るに値する姫であって欲しい。

 

親が、教師が、親戚が、友人が、兄弟が、先輩が、後輩が、同僚が、上司が、

誰が、何を言おうが、

あなただけの太陽を信じ、己でしかない美しさを輝かせていて欲しい。

 

 

蝶々さんの本読んでると、そんなこと思います。

原色3人女

 

 

『ホントに役立つ本のこと』 - SOUL EAT!!!