SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

 『冬の終わりに打ち鳴らされる、少年の詩情』

 

 “ 1000のタンバリン / ROSSO ”

『ロックンロールってこういうことだろ?』

と、真っ向から、衒うことなく示してみせて、あっという間にいなくなってしまった、まさに流星の如きバンド、ROSSO。

 

シンプルで、骨太で、一見、一聴、誰にでもできそうな簡単な“ロックンロール”が、なぜにこんなにもかっこいいのか。素敵なのか。胸を打つのか。

答えははっきりしている。

彼らがかっこいいからだ。素敵だからだ。

というのはあまりに大雑把すぎる見解だが、実際、本当のことだ。

 

しかし、やはり特筆すべきはチバの詩であり、声であるだろう。

その中でも、特に!

このロマンチックで少年の詩情に溢れた、“1000のタンバリン”

聴かないでいるとはもったいないったら、ない。

そして、聴くなら、やっぱり、冬がいい。夜がいい。

 

 

まっすぐな少年の想いと、星空の詩情。

冬が終わってしまう前に。

 

 

シャロン』も『発光』も、聴くなら今。

冬が似合うんだよなー。

 ライブ盤『ダイヤモンドダストが降った夜』、かっこいい。

ダイヤモンドダストが降った夜

ダイヤモンドダストが降った夜

 

 


『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡 その1 』 - SOUL EAT!!!