読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『失ったものを取り戻すために。  “ オーシャンズ11” 』

映画

 

痛快。

なぜか何度も観てしまう、事あるごとに観てしまう、

“素敵な映画”と言えば、これ!

『オーシャンズ11』

オーシャンズ11 特別版 [DVD]

 

最低でも2回、観なければならない。

だって、つまり、2つの話なんだから。

1度目は、もちろん、ダニエル・オーシャンと愉快な仲間たち、11人が挑む、難攻不落の大仕事を愉しむ。

仲間たちの、なんと魅力的なこと!

11人もいたら、たいてい、中心人物3人くらい描いて精一杯。

それでも満足できるけれど、『オーシャンズ11』、

11人、みんな、素敵だ。

ひとりひとりの背景も想像できる。いわゆる『キャラ立ち』している。

もう、その掛け合いと、美術と、愉しんでいるだけで1回目は満足である。

ブラッド・ピット演じるラスティーを観るだけでも1回目は、もう、

『観てよかった!!!』

満面の笑みであろう。

 

映画として、とてもシンプル。

見せ方、魅せ方が本当にうまい。

前半30分でメンバー紹介。

その後30分で仕事の内容、計画を見せて、

後半60分で、クライマックスと大団円。

ミッションインポッシブル的はらはらドキドキはあるし、

ラスベガスのカジノ、“ 最高級に贅沢 ” な眼に美味しい映像も満載、

“ 絶対に無理 ”  を“ 可能 ” にしてみせる、その心意気には勇気が湧くし、

物語のトーンにふさわしい解決法も見事、

何より、11人が、いい。

男たちが最後、横に並ぶエンディング、見つめる、それぞれの眼差し。

 

『ああ、いいなあ…!!!』

 

である。

続編が観たい…この面々の、また新たな冒険が観たい、

えっ、あるのっ!?うひゃー。

である。

 

だが、しかし。

『オーシャンズ11』を2度観ましょうというのは、映画が二層になっているからである。

その下部にて、ダニエル・オーシャンの物語が進行しているからである。

実のところ、それが太い流れを生んでいるからである。

 

ダニエル・オーシャンの物語、

それは、つまり、妻を奪われた男の物語である。

『取り戻すための戦い』の物語である。

 

ジョージ・クルーニー、なんとカッコよいことか。

あんな風にまっすぐに、

『君を取り戻すために来た』

と、愛することができたら。

それほどまでにひとりの女性を恋することができたら。

 

ロマンチックである。

対義語は “ しみったれてる ” である。

 

華やかで、お茶目で、極上のエンターテインメント

『オーシャンズ11』が、

『あー、面白かった』

で終わることなく、

『なんか、いい映画観たな…』

と、胸に残るのは、ひとえに、これが、ダニエル・オーシャンの『人生を賭けた大勝負』であるからだ。

『失ったものを取り戻す』ための、負けるわけにはいかない、切実な戦いを描いたものであるからだ。

 

 

“ 盗むならインカの仮面を ”

大泥棒の心意気も嬉しくなる、痛快かつ素敵な映画、

『オーシャンズ11』

凄腕だけど、ちょっと間が抜けている、その匙加減も見事!な11人の男たちを見るだけでも愉しくなります。