読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『本日の “ 閃光少女 ” 』

今日のお告げ 音楽

 

急いでいた。

乗り遅れてはならん、と電車に駆けこんだ。

おまけに、早く返信しなければならないメールもあった。

携帯片手にメールを打ちながら乗車した。

 

「ーーーーーちゃん、-----ちゃん!」

 

少女の声が片隅で聞こえた。

 

その電車では、よくある光景。

私立の、制服を着た小学生たちが何やらわいわい。

うるさい、というほどではない。

人に迷惑をかけてはいけません。と躾が行き届いているであろうと推測される範囲での、わいわい。

だから、いつものことだろう、と、聞き流したのだが、

 

「-------ちゃん!」

 

声に切迫したものが混じった。

電車の扉が閉まろうかという時である。

顔をあげると、“1年生”らしい雰囲気をまとった少女は、バッグを2つ手に持って、友達の名を呼び続けていた。

『バッグ忘れてるよ…!!!』

と伝えたいらしかった。

友達は下車。彼女の降りるところはまだ先。

大人であれば、そのまま降りて追いかけるとか、メールして次の駅で待つとか、いろいろ方策は思いつくし、『うっかり荷物を置いてきてしまった』ことにそんなに慌てない。友達が持っててくれるし。

でも、彼女はまだこどもで、それは、なかなかの一大事だったのだ。

(今、降りたばかりなのだから、制服も同じだろうし、その娘はすぐ見つかるだろう。行ってやろうか)

と思い、(でも、ちょっと俺いま急いでるんだよな…)

とためらった、その一瞬のことであった。

 

「これ、渡せばいいの?」

 

ぱっと現れて、その子からバッグを受け取った少女がいた。

制服姿の高校生だった。

うなずく1年生と、受け取って、さっと身をひるがえす女子高生。

この間、3秒。

ドアが閉まった。

うわ、あの娘カッコいい…!

と、いいものを見たような気持ちになったが、その一瞬、(俺、遅れるからどうしよう)と考えた自分がちょっとかっこ悪く思えた。ちょっと、負けた気分であった。

 

しかし、何はともあれ、本日の “ 閃光少女 ” は彼女で決まりである。

ああいう、ふつうにカッコいい女の子に捧げたい名曲である。

 

 

 

東京コレクション

東京コレクション