読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『内なる獣に名前を与える " キマイラ " シリーズ / 夢枕獏 』

 

幻の獣を飼う。どこに? 己の肉体に。

制御不能な『荒ぶる獣』を身に宿した少年の数奇な物語、

『キマイラ』

キマイラ〈1〉幻獣少年・朧変

 

物語が始まった、そのときは、幻獣を内に飼う少年の『変身』ものであった。

 

平井和正が描いたあの大傑作『ウルフガイ

哀切な、情念燃え滾る人狼の物語と、宮沢賢治の“蒼黒いけだもの”の詩情が衝突し、スパークして生み出された物語は、しかし、

いったいこの物語はどこへゆくのか、いったいこれは何の話なのか、

作者すらわからぬ、数奇な運命を巡る物語として紡がれ続け、未完のまま、今に至っている。

 

わかっていることは、ただひとつ、

 

確かにこの物語はどこかに存在している。

 

とある夜、桜の樹の下に佇む、不思議なものを『確かにそこにいたんだ』と確信してしまうような、朧な、幽玄な、不思議なリアリティを放っている。

 

おそらく、映像化は不可能であろう。

『動く』天野喜孝の絵が不可能であるように。

『幽霊』を光のもとに『写実的』に描くことが間違いであるように。

 

狂おしく、この上なく美しく、

変貌する獣。

 

『異形の美』を描いた日本代表超傑作。

となるに違いないのだが、如何せん、未完である。

完結を待とう。

(完結しなくてもいいから、久鬼を、龍王院弘を、フリードリッヒ・ボックを九十九三蔵を、菊地を、その先の活躍を邂逅を見せてはくれないだろうか…)

 

しかし、『異形』のもの、『異界』を描いた作品の『表紙』として、天野喜孝の絵は、なんとふさわしいことか。

あんな獣だったら、飼ってもいいと思う。 

 

go-do-life.hatenablog.jp 

go-do-life.hatenablog.jp