読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『鳳凰、あるいは朱雀の声は銀河を裂く』

 

LUNA SEA

“SHINE”の話である。

 

前回、季節的にもおすすめ!

『もっとこいよーーーー!!!』 - SOUL EAT!!!

と書いて、懐かしくなって聴いていたら、

頭の中で鳴り響き続けているんである。

金の粉撒き散らすような、あの楽曲が鳴り続けているんである。

 

当時も、それはそれは問題作であった。

 

月と海。

黒い服と化粧。

ヴィジュアル系”とくくられていた彼らが、

その枠に収まることをよしとせず、変化し続ける道を選び、

『これが今の俺たちである』

と放った、

“SHINE”

 

夜。月。海。黒。

の似合う、耽美的な要素も強かったルナシーが、

こんな曲を作ってしまったのである。

 

生命と愛の賛歌。

ど真ん中、まっすぐ直球のメッセージ。

 

“何を信じているかなんて、問題じゃない”

 

“君は生きる意味、探すけど、

 輝いてからでも、遅くはない”

 

超名言である。

その通り!である。

 

ここで歌われる“君”とは、もはや架空の誰かではない。

楽曲が必要とした物語上の、“君”ではない。

 

生で、そこで、今ここで、息をする、すべての人、である。

 

RYUICHIは、心から、今生きる“君”へ歌を届けよう、

との意思を明確にしたのである。

 

ゆえに、それは

“こんなのLUNA SEAじゃない”

スレイブたちが暴動起こしかねなかったのだが、

聴けば聴くほど、味わい深いのである。グッときてしまうのである。

 

“君は生きる意味~

   さがすけど~”

の歌の裏、SUGIZOのギターを聴いてみよう(INORANパートじゃないよね?)

そして、弾いてみよう。

そのカッティング。

 

めっちゃ気持ちいいんである。

 

そう、本稿は、SUGIZOのギター、およびそのプレイスタイルに絶賛の拍手を送るものである。

 

LUNA SEAとか好きじゃねえし。

という方の多くは、おそらく、その耽美性、

RYUICHIの全人類に捧げるような、宗教性すら醸し出すその声(だって、全人類に向けて歌ってるから。宗教的にならざるを得ない。そして、スレイブたちは今や全世界に広がっているのだ…!)

と、

SUGIZOの派手なギターアクションゆえなのではないだろうか。

 

歌舞伎の見得のような、そのポージング。

派手な怪鳥のようなそのアクション。

 

“SHINE”のPVでは顕著だが、そこがまた、SUGIZOらしく、

うおおおっ、来た来たーーーっ!!!

の動きも存分に愉しめるのだが、

当然のことながら、音もまた素晴らしい。

 

銀河裂いて飛ぶ、一羽の幻の鳥。

あるいは、

銀河超えて、この星から別の惑星へ、一直線、伸びてゆくような、その幻の鳥の鳴き声。

 

神がかっている。

スケールがでかい。

 

それは、まるで、

鳳凰、あるいは朱雀。

 

この世に存在しない鳥。

 

SUGIZOの音を、プレイを、見聞きしていると、

なぜだか宇宙にまで想いを馳せてしまう。

 

そんな超名曲“SHINE”

今日もリピートしてしまった。

 

ギターお持ちの方は、コピーおすすめです。

 

 そして、やはり、

ベースお持ちの方も、もちろんコピーおすすめです。

 

LUNA SEAのメンバーで誰が一番好き?

って聞かれたら、

 

『J! J! JJJJ!』

 

連呼してしまうと思います。

そのベースプレイに、どれだけ痺れたことか。

練習していて、ほんと楽しかった。

バンドアンサンブルの勉強にも最適のLUNA SEA

弾いてみると、

“うわっ、すげえ…!”

発見だらけです。

 

ということで、やっぱりこれだけは聴かないと!

の『STYLE』を今日はおすすめです。

 

“ジャンル”とか狭いこと、まだ言ってんの?

な、傑作名盤。

STYLE

 

バンドスコア LUNA SEA/スタイル (Band score)

バンドスコア LUNA SEA/スタイル (Band score)