読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『マッドカプセルマーケッツの青の時代』

音楽 今日のお告げ

 

“生まれたばかりの絵画を燃やせ”

“生まれたばかりの絵画を燃やせ” 

 

前回のMAD記事

http://go-do-life.hatenablog.jp/entry/2015/03/30/145109

の続きである。

続きがあったのである。

 

少し前、LUNA SEAの"SHINE"が鳴り止まない、くせになる曲、いや最高という記事を書いたのだが、

今度はマッド、“生まれたばかりの絵画を燃やせ”である。

鳴り止まない。

 

“生まれたばかりの絵画を燃やせ”

“生まれたばかりの絵画を燃やせ”

 

PARK

 

おそらく、意味というより、語感で決まったであろう、

タイトルであり、サビでもある、

“生まれたばかりの絵画を燃やせ”

 

そのイメージ喚起力といったら。

 

壊しては、新しく創る。

創造の掟を見事に現した、その言葉。詩。

 

生まれたばかりの絵画を燃やせ。

 

ギターのカッティングも小気味良い、名曲である。

 

 

“公園へあとすこし”

がその代表と思われるが、

前期マッドの叙情的な部分、青く香るみずみずしさもまた魅力のひとつだった。

 

アコースティックの“黄色いピエロ”

TAKESHI(CRA¥)ボーカルの “ 家畜 ” “ オルゴヲル ”

などなど。

未聴の方、おすすめですよ。

 

 

あれからもう何年たったんだろう…?

 と過去を眺めやるよりも、しかし、今。

まさかMOTOKATSUがSUGIZOと一緒にやるなんて。

素晴らしい時代じゃないかと、うわ、かっこいい。