読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『春の嵐に "C/O/T/D"!!! 』

 

風が強い。

吹き荒れるような風に、桜が散ってゆく。

満開まで間もないというのに、もう散りはじめている。

 

1か0かではなく、咲き誇りながらも死を孕むその様相に、美。

 

これぞ日本…

 

…などと感じ入りつつ、

散った桜の花びら追う柴犬のかわいさに、

「うわ、写真撮りてー!シャッターチャーンス!」

と心は動いたが、そこが素人。

タイミングを逃すのである。 

 

柴犬だった、というのがまた日本らしくて良い。

凛々しい日本男児の趣、柴犬。良い。

 

 

ということで、今日のテーマは

 

春の嵐”!!!

 

桜も吹き飛ばす、その風。

 

散る花びらが、壮大に空に渦を巻く。

 

そんなイメージといえば。

 

ああ、また。

また鳴りはじめてしまった。

 

" STORM "!!

またLUNA SEA!!

 

イントロのアルペジオから、

わずかな静寂の間を置いての、

どんっ!

始まる轟音。

 

あの瞬間だけで、もう生きていける。

蘇生する。

電気ショックの荒療治のような、あの一撃。

蘇りますね。

 

 

LUNA SEAやMADや、ここ最近、

“90年代”の名盤を聴きなおしているのだが、やはり“古い”という印象を受けない。

“ 新しい=NEW ”というより、“ 新鮮=FRESH ”。

 

“ミクスチャー”という言葉はもう使われなくなったが、

境界を越え、混交、混血があちこちで始まった90年代。

あの時代を、“ ゼロ年代以前 ”、と置くのではなく、

 

21世紀はあそこから始まった。

 

と捉えてみるのはどうだろう。

なんだかしっくりくる。

揺籃のとき。

と、あの時代のうごめき、出てきたバンドや音楽を捉えなおして、

聴き倒すこと、おすすめします。

 

 

ということで、今日は、

“ コールター・オブ・ザ・ディーパーズ ”!!! 

 

かき鳴らすギターの轟音、まさに春の嵐

散る花びらが描く、壮大な渦のごとし!

 

 

ザ・ブレストローク-ザ・ベスト・オブ・コールター・オブ・ザ・ディーパーズ

ザ・ブレストローク-ザ・ベスト・オブ・コールター・オブ・ザ・ディーパーズ

 

 

ね。もう始まってたでしょ。

なベスト盤。2もあるよ。