読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『 豹頭の王が統べる世を / " グイン・サーガ " 』

 

ラストシーンはわかっていた。

 " 豹頭王の花嫁 " が誰なのかはわからずとも、その祝福された婚姻、そして来たる

" 黄金の時代 " を予感させての、盛大なるフィナーレ、迫る感動の嵐と滂沱の涙、

「めでたしめでたし」の終幕は想像することができた。

 

未完。という気が全然しない。

 

全100巻のはずが、100巻では収まりきらず、まだまだ続く、延々続く、

しかし、それこそ、物語のあらまほしき姿。

 

『終』『完』『fin』

その文字が見たくない。

ずっと読み続けていたい。

終わらなくていいから、ずっと続いていて欲しい。

そう思っていた。

 

 新刊の表紙も楽しみだった。

今回は誰なのか、どんな絵なのか、楽しみにしていた。

 

今もグイン・サーガの世界は栗本薫なきあとも書き綴られてはいるが、"完"の一文字が記されることは、この先ないだろう。

それは栗本薫にのみ許された仕事だ。

 

だから、グイン・サーガは未完のままだ。

予定されていた最終巻 " 豹頭王の花嫁 " は謎のままだ。

 

だが、未完という気がなんだかしない。

きっとそれは、その大団円を、その感覚を知っているからだ。

あのグインが真の王になる。

あの世界を統べる王となる。

その黄金の治世のはじまり。

誰もが想像できなかった、しかし、誰もが望んでいた時代の到来。

まったく新しい、しかし、懐かしい、その感覚。

確かに知っている。

グインという豹頭の男は、出会う者たちにそんな期待を抱かせる。

誰もが彼を"王"だとわかる。

強くて、優しくて、頼りがいがあって。

"王の器"とは彼のような人物のことを言うのだろう。

 

栗本薫の手によるグイン・サーガの 正史は、その続きを読むことができなくなった。

しかし、我々は知っている。

グインはあの世界の真の王となり、黄金の治世を敷いたであろうということを。

 

脇役。というには魅力的すぎる人物たちの躍動。

絡み合い。

宇宙の律と異世界の創造とを描き、綺麗事ではない人の性を業を描き、国の興亡、それぞれの文化を描き、多彩な人物たちが絢爛と踊る、そんな傑作『グイン・サーガ

 

 

「100巻もあるの…」

とその長大さにげんなりする方は読まぬがよろしい。

「100巻以上あるの!」

と心浮き立つ方は、もう手にしていることだろう。

終わらない物語を読みたい人は必ず手にとっているはずだ。

だって、そんな物語、古今東西探してもグイン・サーガをおいて他に、見つからないのだから。

 

未完であるからといって、終わりは来ないかも知れないからといって、評価ができぬ作品ではない。希代の傑作である。

 

グイン・サーガのテーマでもある" 時の流れ "

少女は淑女となり、夢見る少年は悪に身を堕とし、美貌の天才はその身を削り、出会い、別れ、出会い、別れする、そして年を重ねてゆく、" 時の流れ "

 

その時のうねりに翻弄されながら生きてゆく、死んでゆく登場人物たち。

 

その時のうねりの真ん中で、人間の悩み苦しみ抱えながらも燦然と輝く、豹頭の男。

 

ラストシーンはわかっていた。

そんな悲しみも痛みも歓びも、すべては小さく愚かしく輝かしい、人の為せる業。

すべて見つめ、受け入れる、豹頭の王。その隣には花嫁。

光の雨が降り注ぐ、祝福のシーン。

 

 

 未完であっても、ラストシーンは想像できても、あの、" 読む喜び " が損なわれることはない。

  

末弥純 グイン・サーガ画集

  

 

最初の5巻、10巻。つまづく人の気持ちもわかる。わかるが、そこから先。

そこから先…!

 

 

グイン・サーガ6 アルゴスの黒太子

グイン・サーガ8 クリスタルの陰謀

スカールとナリス。

この2人の登場で、もう、読むのを途中でやめることができなかった。