読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『その " 左手 " の破壊力たるや』

 

イントロが鳴った瞬間、発火。

 

照明はやっぱり、赤が似合う。

血のような、煮え滾る溶岩のような、赤が似合う。

 

3秒とかからず沸点に達する、あの瞬間。

ハードコアでしか得られない感覚だと思う。

 

 

君の靴と未来 - all the footprints you've ever left and the fear expecting ahead

 

 

連作短編集のような、映画のような。

 

ラスト " 君の靴と未来 "


それまでの、すべての、悲しみや怒りや嘆きや憤りを集約するような、すべてが忘却の波にさらわれてゆくような、前半。

そして、放たれる叫び。

 " 45億年を超える 恐怖を "

描き出される、凄絶な死の情景。


「アルバム中の1曲」と聴いても凄い曲であるのだが、" ZERO " " さよなら言葉 " から始まり、" 見えない糸"" 螺旋操作 " を経て、" 足跡の光 " に達し、そして来たる終局、" 君の靴と未来 " と辿り着いたほうが。

カタルシス、大津波