読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『 #2 singing in the rain 』

小説 / 本

今週のお題「雨の日が楽しくなる方法」

 

" 第2話 ジーン・ケリーのように "

雨の日に。山の中で。雷鳴を聴きながら。

2人が踊る。

名場面。

 

2人ってのがよい。ほかには誰もいない世界。分かち合う永遠。

 

 

ぽつり。

 

落ちてきた雨。

「あ、傘」

と思うより早く、

「あ、唄お」

ステップ踏み出す。踊りだしたくなる。

 

だって、『詩羽のいる街』読んだから。

 

詩羽のいる街 (角川文庫)

詩羽のいる街 (角川文庫)

 

 

たったの4話。

軽快に読めてしまうのが、逆に、惜しい。

「もっと読んでいたいんだけど」

「彼女のいる街のこと、もっと知りたいんだけど」

「読み終わるのが、もったいないなあ」

と思いつつ、頁をめくる手は止まらない。

という、本読み、本好きの人ならわかっていただけると思う、あの感覚。

 

ちなみに、この第2話に登場するのは、自殺目論む女の子。

あー、なるほどね。そこで、雨、ね。“ singing in the rain ” ね。

しかし大事なのはオチではない。

2人が出会ったってことなのだ。どんな2人?って、それこそネタバレ。

 

本が好き。物語が好き。雨の日は黙って読書。の方々におすすめ。