読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『その惑星の夢を見る』

 

枕元に置いて寝ると、その星の夢が見られる。

 

そんな噂も聞こえてくるような、メビウス画集。

" B砂漠の40日間 "

B砂漠の40日間

 

“ ラフスケッチや下書きをせずに一発描き ” というのだから、驚く。

“ しかも修正ひとつ入れずに仕上げた ” というのだから、また驚く。

 

しかし、眺めている間は、そんな神業、メビウスの偉業にあれやこれやなんてことにまで思い至らない。

 

なぜかって、その世界が豊かで鮮やかで、見入ってしまうから。

その砂漠、そこに吹いている風、奇妙なモノたちに魅入られてしまうから。

 

どこかにホントにある惑星の、いつか撮られたスナップ写真集を見ているよう。

 

線が綺麗で、心地いい。

 

ツノつけた木の棒、メカのような生き物のような物体が、所々に出てくるんだけど、あれ、何だろう?何なんだろう? 

台詞はないし、説明もない。

でも、生きて、そこに在る、それ。

その握った感触まで感じられるような。

 

うっとり見入って、眠りの世界へ。

あちら側への道が開通。