読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『7月、太陽に恋をする』

 

彼女の名前はユーリといって、自由で奔放で、魅力的。

 

彼女が好きになった男はダニエルといって、これから教師になろうという、イマイチ冴えない、「彼のどこがいいの?」正直な女友達は言う、しかし憎めない男。

 

それでもユーリは確信してる。

'' 彼が運命の男 '' と自分の確信、信じて疑わない。

 

「あなたは " 太陽を背負った娘と恋に落ちるわ " 」

 

予言してみせ、パーティに誘う。

 

そしてダニエルは恋に落ちる。

暗示を鵜呑みに、太陽まとった、たまたま出会った綺麗な娘メレクを " 運命の女 " と恋に落ちる。

 

旅人の彼女の行く先はイスタンブール

 

彼女を追って、ダニエルは旅に出る。

 

一方、恋の罠を仕掛けたものの " ナイスアシスト! " に終わり、心を打ち砕かれたユーリも旅に出る。

 

「止まった車の行く先が行くところよ」

 

ヒッチハイクで旅に出る。

 

止まった車。

 

「乗りなよ」

 

運転手はダニエル。

 

2人のイスタンブール行きの旅が始まる。

 

 

太陽に恋して [DVD]

 

 観ている間も、観終わったあとも、嬉しさで心が跳ね踊る、ロードムービーにしてラブストーリー。

 

ドイツはハンブルクからルーマニアブルガリアを経てイスタンブールへ。

道中、次から次へと現れる人物たちの魅力的なこと!

 

 ゲバラを腕に彫りこんだ、トラック運転手レオ。

したたかで、妖艶な悪女、ルナ。

死体を運ぶ、悪人面のスキンヘッド、イザ。

国境警備の感じの悪い役人。

ほんのチョイ役で出てくる、砂浜でビールをおごってくれるドイツ人青年も粋。

 

そう、出てくる人物、皆それぞれが魅力的。憎めない。

 

一風変わった路上の天使たち。

祝福と幸運のウィンク。

 楽園ってのは、天上にあるんじゃなかったね。

 

 恋と愛と、情熱と笑いと、夏の恋物語って言ったら『太陽に恋して』

まっすぐに愛放ち、想い人の告白受け止める '' 7月の太陽 '' ユーリ。

慈しみと微笑たたえた力強い瞳が、とても綺麗。

 

 

同監督、イスタンブールの音楽ドキュメンタリー " クロッシング・ザ・ブリッジ " も隠れ名作。

ノイバウテンのベーシスト、ハッケがガイド役となって、ルーツとジャンルと今と過去と混ざり合った、刺激的かつ生命力に溢れたイスタンブールの音楽を紹介。

監督は音楽を愛している人だし、ハッケも「音楽」な人だし、で見ていて愉しい。

そしてトルコに行きたくなる。

 

クロッシング・ザ・ブリッジ ~サウンド・オブ・イスタンブール~ [DVD]