SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『この星はとてもさみしい。さみしいけれど』

 

おかしいな。

こんなはずじゃなかったのにな。

 

間違ったわけじゃない、何がいけないってわけでもない。

あの頃に戻りたいってわけでもない。

 

でも、何か、足りない。

 

「私を見て」「僕を見て」

ちょっと違う。

 

刺激が欲しい?

パートナーに飽きてきた?

それも違う。

 

彼を、彼女を、愛している?

「うん、まあ、それは…愛してるかって、まあ、愛…かな…」

 

この感情、なんだろう。

激しく揺さぶられるわけでもなく、

「もうだめ」「もう無理」と、次へ向かいたいというわけでもなく。

 

なんだろう、さみしい。

なんで、こんなに、さみしいんだろう。

 

恋人もいるし、仲間もいるし、友達もいる。

それでも、ひとり、取り残されたような、薄曇りの小雨の中にいるような。

 

おかしいな。

なんでかな。

 

このままずっと、こんな感じが続くような気がするよ。


そんな気分、心持ち。

小雨が降り続いているような、天が薄い灰色に覆われているような。


 

舞台は東京。というか、" TOKYO "

ラストのハグに、じわーっと涙が浮いてくる。そして、なんだか、勇気を得る。


今から何年前の映画?何年前の東京?

ロスト・イン・トランスレーション

色褪せないなー。


ロスト・イン・トランスレーション [DVD]