読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡について語る  その18  つまり今ここが神のジャズ " ロデオ・タンデム・ビート・スペクター " 』

 

荒涼と死の気配。

 

暴かれた世界。

そこは完全にあちら側の世界ではなく、あちらもこちらも、見えるものも見えないものも、交じり合い、混ざり合った世界。

 

見知ったものが、まったく別の意味を持つ。あるいは真の姿を現す。 

あちらもこちらも混じり合う、それは奇妙な夜の世界。

 

そこで何をするのかというと、ロックンロールを鳴らす。踊る。

 

そこで鳴らされる音は無論、今までとは違う。同じのようで、違う。

 

あちらもこちらも混じり合う、新しい音。

 

そんな感触、" ロデオ・タンデム・ビート・スペクター "

 

Rodeo Tandem Beat Specter

 

 

85人の映画スターを、流れるライトに、赤いライトに、名前をつけてゆく、

幾多の夜を超え、朝を超え、

世界に別れを告げ、別れを告げ、

" シトロエンの孤独 " は続く。

 

1曲目から、そこが今までとは違う場所であることを。

 

そこで何を鳴らすのかと、

 

“ ここは きっと宇宙のど真ん中さ ” と。" ゴッド・ジャズ・タイム " と。

 

“ 宇宙はどこにもありはしないぜ ” と。( " ターキー " )

 

揺るぎない確信が放たれる。

 

 " ブレーキはずれた俺の心臓 "、 " マーガレット "、 " バード・ランド・シンディ "

と、そこがどこだろうが、踊れ踊れとハイテンションなナンバーが続き、

インストの " ビート・スペクター・ガルシア " へ。

 

知ったこっちゃねえよ、そこがどこだろうが踊るんだ、と。ふと。

 

ふと、我に返る。

 

踊り疲れて、立ち止まる。

 

そこで気付く。再び気付く。

否応無く、気付かされる。

 

不穏。

気配。

 

音もなく忍び寄るもの。

そこにいるもの。

 

7曲目 " ビート・スペクター・ブキャナン "

12曲目 " ビート・スペクター・ガルシア "

 

2人の亡霊。その気配。

 

命をその場で使い切るようなテンションと、2人の亡霊と。

 

そこで幕を閉じたとしても傑作であったろう " ロデオ・タンデム・ビート・スペクター "

 

 

しかし。

またしても。

 

ラスト。

 

最後に、13曲目 " 赤毛のケリー " がやって来る。

 

凍てついた風。

なびく髪。

悲しい、強い、眼をした、赤い髪のケリー。

 

知ってしまったがゆえにもう戻ることのできない、

知らなかった頃にはもう戻れない、

ケリーの長い髪が風に揺れている。

 

運命と意思とが渾然と。

 

 

 

 

 

go-do-life.hatenablog.jp