読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『ミッシェル・ガン・エレファントという奇跡について語る  その21  “宇宙を手に入れろ ”  " SABRINA NO HEAVEN " 』

音楽

 

" デッドマン・ギャラクシー・デイズ " が後期ミッシェルの代表曲であるということに異論はない。

 

“ 加速するギャラクシー・デイズ ”

もう、そういうことだ。無敵感溢れる。

 

血まみれで演奏されるPVも素敵だ。

 

 

 

しかし、個人的には " SABRINA NO HEAVEN " といったら、

「" PINK " が入ってるアルバム」である。

 

" ミッドナイト・クラクション・ベイビー " だって、かっこいい。知ってる。

(伝説のタトゥー事件。たまたま見てたが、そりゃ凄い演奏であった)

 

が、もうこらえきれず走り出すような、じっと夜を見つめているような、

切迫した、青い、" PINK " という曲がとてもいい。凄くいい。

 

アルバムの流れで聴くと、一層、その駆け出す感じが伝わってくると思う。

 

 

そして、ラスト " 夜が終わる " につながって。

 

 

本当に終わってしまうなんて、思ってもいなかった。

 

 

 

SABRINA NO HEAVEN

 

 

 

 

 

go-do-life.hatenablog.jp