読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

もっともカッコいいリセットシーンが描かれた小説といえば。

 

村上龍 " 五分後の世界 " であろう。

五分後の世界 (幻冬舎文庫)

 

春も近いし、大掃除。棚整理。

本を片付けていたら、ひょこっと出てきて、ぺらっとめくって流し読み。

気付いたら腰据えて読み始めてる。

「5分後の世界」へ再び。

 

” 時代の空気、先端、「今」描く作家の話題作。問題作。

そんなオーラまとってベストセラー。

でも何年かしたら、ぱっと咲いて散った花火みたいな作品。 ”

は、ごまんとあろうが、

" 五分後の世界 " 

いまだに「今」にジャスト。


異世界への適応を余儀なくされる状態に陥った、ひとりの男の話。

と「物語」として再読。やっぱり名作。


たとえば、4月。

待ち受ける現場。戦場である其処。

「新人」である「自分」は、渦中に放りこまれ、それまでとは違うスキル、振る舞いを求められる。

撤退不可避と腹を括る。

眠っている何かを発動させる。


そんな必要ある時は。

劇薬の如き一冊を。文学という名の合法薬一錠。


どんだけカッコいいんだ、おい。と、ぱたん、本閉じて、眼を開ける。鏡見る。

らんらんと、ギラギラと、開いている瞳孔。向現作用。

  

リセット。リスタート。

効果覿面。