SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

心地よい風が吹くところ。 " アンビエント・ドライヴァー "

 

細野晴臣という人は、いったい何者なんだろう???

 

前々から、疑問に思っていた。

YMO、はっぴぃえんど。その2つとっても、同一人物の手になるものとは思えない。

スタジオミュージシャンのようでもないし、プロデューサーという感じでもない。

肩書きは「ミュージシャン」「音楽家」としか言えないような。

楽器も、何を持っていてもかまわないような。しかし、器用な人、という感じもなく。

 

いったい、何者なんだろう???

 

と、以前から疑問に思っていたのだが。

ちくま文庫から、" アンビエント・ドライヴァー " という本が出ていた。

2006年に出版されていたものの、文庫化。

アンビエント・ドライヴァー (ちくま文庫)

アンビエントって何なんだろう?

とも思っていたのだが、その疑問も解けた。

美しい、落ち着く、癒やしの音楽、そういった種類のもの。

となんとなく思っていたのだが、「音楽の中に環境音を取り入れる」というアイディアの試みというわけではなく、「音楽に環境音をかぶせて包みこむ」という思想を背後に持っていたのだとわかって、ちょっと納得。

 

YMO散開後、細野晴臣というミュージシャンが、そのとき何を考えていたのか、感じていたのか。

音楽について。世界について。未来について。

「90年代、何が起きていたのか」に関する分析もおもしろい。

 

YMO、はっぴぃえんど、アンビエントワールドミュージック

脈絡なさそうで、つながっている。その理由がちょっとわかった一節。

創作について。

" 基本的にミューズが喜べばいい "

そのスタンス。

自由な風が吹いているわけだ。

 

アンビエント・ドライヴァー (ちくま文庫)

アンビエント・ドライヴァー (ちくま文庫)