読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

読んでいて、痛い。我が身振り返って泣きたくなる。でも面白くて、つい読んでしまう『アラサーちゃん』

 

他人事ではない…

 

できることなら、もう誰にも知られず、なかったことにしてしまいたい過去。所業。

「ほらほら、見えてるよ」

「バレてるよ」

「ホントのところはさー」

と見透かされてるようで、痛い。恥ずかしい。

 

書店をぷらぷら。

ふと、気楽に笑って楽しめる漫画でも読もうと思った、その時。

飛びこんできた、

アラサーちゃん 無修正1』

そういえば話題になってたな。と手に取った。

 

アラサーちゃん 無修正1 (SPA!コミックス)

アラサーちゃん 無修正1 (SPA!コミックス)

 

 

4コマ漫画だったんだね。

話題になってたけど、実際読むのは初めて。

「へー。" アラサーちゃん " " ゆるふわちゃん " "オラオラ君 " " 文系くん " " サバサバちゃん " " 大衆君 " " ヤリマンちゃん " " 非モテちゃん " ……」

「タイプ別にキャラクター化してるのかー」

「おもしろー」

 

アラサーちゃん 無修正2

アラサーちゃん 無修正2

 

 

だんだん作者が怖くなってくる。

その観察眼に恐れ入る。

今に生きる女子の生態を面白おかしく描いた、お気楽な娯楽読み物、笑ってすっきり爽快なマンガと思っていたのに。

笑いながら、痛い。

ここに描かれている、『なかったことにしていた』『気付かれていないとばかり思っていた』あれこれ。

「全部バレてるから」

「ていうか、みんな気付いてるよ?」

 

 

アラサーちゃん無修正3

アラサーちゃん無修正3

 

 

4コマ漫画だから、すらすら読める。

「おっもしれえなー」

と、次々繰り出されるネタに笑う。

 

しかし密度が、濃い。

一冊読むのに時間がかかる。すらすら読めるのに、熟読してる。

おそらく他人事ではないから、無意識に、必死。

これからの対策をアタマの片隅で練りながら読んでいるから、時間がかかる。

 

 

アラサーちゃん 無修正 4

アラサーちゃん 無修正 4

 

 

サザエさんでも、ちびまる子ちゃんでもいいんだけど、そういった漫画のキャラクターは、基本、成長しない。

「そういったタイプの漫画だろう」と、自然と暗黙の了解で読んでいたのだが。

 

" アラサーちゃんは文系くんが好き。でも振り向いてもらえない。元カレでセフレのオラオラ君とはまだ関係が続いている。

文系くんは、アラサーちゃんの友達のゆるふわちゃんが好き。でも、ゆるふわちゃんはオラオラ君が好き "

 

基本パターンはそのままとばかり思っていたら、動き出した。キャラクターに命あり。

4コマ。一話完結。でありながら、先の見えないドラマが始動。

スリリング。

 続きが気になる。

 

アラサーちゃん 無修正 コミック 1-4巻セット

アラサーちゃん 無修正 コミック 1-4巻セット

 

 

 『女くどき飯』もおもしろい…!あけっぴろげ。とても為になる。次のデートが待ち遠しくなる。狩りに出かけたくなる。恋の駆け引き、その戦場に身を投じたくなる。

アラサーちゃん』もそうだけど、読んでると、ふつふつ力が湧いてきます。

 

女くどき飯

女くどき飯