SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『リングサイドに神がいる』

 

朝、目覚めると、喉が痛い。

『よっこら…』と身を起こすと、だるい。

身体が重い。

 

あ。来たな。

風邪のやつ。

 

あーあ、やんなる。今日も仕事。週アタマからこれかよ…

とは、しかし思わないのである。

 

やったことはないが、サーフィンでいう『いい波』が来たときってこんな気分なのではないかと推測する。

 

風邪。そう、それは、

…チャンス…!

いい波には乗るのである。

波に乗ったあとは、もう、気分爽快である。

ゼロに戻るというより、『昨日よりよくなる』、プラスになるのだから、もうすでに気分は爽快である。

自然がくれた修行と捉えるのもよいと思う。

『ただの風邪』で強くなれるんだから、儲けものだ。

 

今回のケース。

風邪を招いたのは、睡眠不足と疲労が原因と思われる。1ヶ月ばかりまともに休まず、動きっぱなしだったのだ。

よって、身体は休みたいと言っている。

よって、これは寝れば治るタイプである。

レベル1クラス。

しかし、この程度でも熱が出て汗が出て鼻水が出て、と排泄が始まればラッキーである。

眠りつつ、身体を休めつつ、いらないものを出してくれるんだから、ありがたいことこの上ない。

面倒なのは、着替えくらいである。

 

個人的に、風邪をひくと、僕はトマトジュースを飲む。

塩を入れて、レモンを絞って、タバスコをかけて、ぐいっと飲む。

治る気がする。

勝負食みたいなものである。

ただのジンクスである。リコピンはあまり関係ないだろう。だが、そういう、『風邪をひいたときは、これ』という食べ物があると、風邪をひいたとき、反応が速くなる。戦闘態勢に入るというか。

そして、味噌汁を飲む。

右ストレートからの、左アッパー!の気分である。

喩えがサーフィンから格闘に変わっている。

そう、苦しいときは、身体の中で免疫機構たちはきっと戦ってくれている、と思うのである。

応援物資を送るような心持ちでもある。

 

と、そんな話はさておき。

本当に役立つ本のことである。

僕の戯言はすっ飛ばしても、この本は読んで欲しい。

風邪について、治し方、経過についても書かれているが、

なんといってもそのタイトル、

『風邪の効用』

効用』が説かれているのである。

根本的に見方が変わる。

なんだよ、もっと早く知ってれば…!

である。

 

ん。風邪かな。

と思うたび、ちょっとわくわくする。

ただの風邪ごときで人は死なない。いろいろ試すチャンスである。と僕は考えている。

いかにも辛そうに、マスクをつけ、ぐでっとした姿を人目にさらすわけにはいかないという、

誰も僕のことなんざ気にしちゃいないとはわかっているが、矜持もある。

 

しかし、それより、何より、

枕元に、野口晴哉さんの本がある。

「なんて書いてあったっけ」

「野口さんならこれをどう捉えるんだろう」

超一流の、神様みたいな人の言葉が、すぐそばにある。

名トレーナーがリングサイドにいて、励ましてくれるようなものである。

負ける気がしない。 

風邪の効用 (ちくま文庫)

風邪の効用 (ちくま文庫)