読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『死神と対話する』

 

ベルイマン監督の " 第七の封印 "

第七の封印  <HDリマスター版> 【DVD】

 

小難しい、抽象的な映画なのかなー。

と思っていたら、全然、違った。

 

普遍のテーマを、むしろわかりやすく、生き生きと描いた、素晴らしい映画だった。

 

どうして、" いい映画 " ってのは、その一場面、ワンカットだけでも、「美しいなあ…」と感じるのだろう?

 

冒頭の海のシーン。

現れる死神。

なんだか、それだけで、

「ああ…いいなあ…」

引き込まれてしまった。

 

 

舞台はヨーロッパ。十字軍の時代。

" 果たして神は存在するのか "

疑念に囚われた騎士が主人公の物語ではあるけれど、描かれた核は " 生の価値 " 、普遍的な " 人間 " の様々な姿。

 

時代は変われど、場所は違えど、変わらぬ人の振る舞い、思考。

そして、時代が変われど、国がどこだろうと、人間である限り、けっして逃れることのできぬ、死。

 

 

全知全能の神などいない。

迫る死からは誰も逃れることができない。

 

 

流行る疫病。

大義振りかざし、神の名のもとに犠牲を強いる偽者たち。

悪魔弾劾、犯人探しの暗い熱狂。踊らされる人々。

 

ずっと昔の、異国のファンタジー。

ではない。

今と変わらない、人間の心性。

 

力持たぬ人々は何をする?

神などいない、理不尽極まりない世界で、どう生きる?

 

正解かどうかは、わからない。

それでも、答えは出ている。

 

ラストの死と生の対比。

観終わったあとの余韻は、穏やかで、長い。

 

市井に生きる人々の弱さ、愚かさ、情け無さ。

『女ってやつは、どうして、こう…』ぼやくような描写も楽しい。

" 監督 " の主義主張は声高に響いていない。その目線、視点が語っている。

 

不朽の名作。名画。まさに。

 

そういえば、モノクロだった。

観終わったあと、思い返す場面にはやっぱり色があって、匂いがある。

 

脇役、従者ヨンスもまた魅力的。

現実生き抜く知恵を持った、ふてぶてしさ、逞しさ。