SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

67分の物語が、長い、冬の夜を終わらせる。 MONO " Hymn to the Immortal Wind "

 

MONO " Hymn to the Immortal Wind "

不死の風への讃歌

Hymn To The Immortal Wind

 

 

美しいアルバムである。

この上なく美しい、インストゥルメンタルミュージックである。

 

ひとり長い夜を抱え続ける人には、響く。

吹雪の中、ひとり歩き続けているような孤独な夜に響く。

 

 

守り通さねばならぬ誓いを胸に刻んでいる。

摂理を超えてでも会いに行かねばならぬ人がいる。

けっして消えない、消されることのない、大事な記憶が心臓に。

どんな試練が待ち受けていようと。

かならず。

 

 

1曲ずつ聴いても、どれもいいけれど、

" Ashs In The Snow " に始まり、" Everlasting Light " で終わる流れ。物語。

救われる。解放される。

 

どうしようもなく悲しく、切実に、痛い。

誰も理解する者のいない、孤独すぎて、天を仰ぐしかないような、ひとりの夜。

「不死の風への讃歌」と題された、美しい音楽を聴く。物語を生きる。

言葉のない、音だけの世界。

物語の、誰かの、心象風景。

重ね合わせる。

心が動く。

心の底のほうで、奥のほうで、少年は少女の手を取る。つないだ手はもう離さないと掴む。

そのとき、自分は少年の側か、少女の側か。

至福、祝福の光に包まれる大団円。

幾多の試練を乗り越えて、ひとりの夜を越えて、寒く凍えそうな雪の日々を越え。

 

67分間の夢を見る。

Hymn To The Immortal Wind