読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

その4 『hideの音楽は今も新しいこと』

ALIVE! [DVD]

今も生きているような不思議な存在感。

 

残した作品の数々、その遍歴をたどっていると、もう彼はいないとわかっているのに、つい『次は何をするんだろう?』と胸をときめかせてしまう。

 

ジャンル混合のフェス、ありえないと思っていたコラボレーション、今ではもう普通のこととなった境界フリーな企画も、hideという存在がなかったら、ちょっと違ったものになっていただろうと思う。

 

どの曲がおすすめ?

どのアルバムから聴けばいい?

 

もちろんコアなファンは言うだろう。

X→X  JAPANと並行して、順を追って聴くべし、と。

確かに、時系列に沿って聴いていくと、本当に面白い。変化していくのがわかるし、その時代の空気も感じることができる。

やっぱり僕もそう思う。

アルバムごとにカラーがあって、どれもバリエーションに富んでいて、飽きない。

 

3rdアルバム『ya, zoo』、そして、zilch

まさにこれから、というときだった。

ポップセンス炸裂のお祭り騒ぎと、クールで硬質な『カッコいい』ロックと。二極化したその先にどんな奇跡が待ち受けていたのか、可能性だけ示して、彼は行ってしまった。

 

温かみのあるギターの音色。ラウドで激しい鋼鉄の音。

優しすぎる歌と心と。日本語の面白さを生かした、hideならではの言語感覚と。

そのヴィジュアル。イメージの世界と。

 

早く聴きたくて聴きたくて、学校から帰って即CDショップに走り、どきどきしながら盤をセットして。

3rdシングル『DICE』の思い出。

スピーカーから流れてきた、ドリルで壁を壊していくようなそのイントロ。

痺れるような、その感覚。

聴き終わって、呆然。

もう一回、と再生ボタン。

 

『カッコよすぎる…』

 

その感覚を今もはっきりと覚えている。

  

 

代表曲は?

おすすめのアルバムは?

 

 

何でもいいから聴いてみって。

七変化でいながら、どれも違わずhide印。

どれもすげえカッコいい。

 

 

【アートデリ】hide ヒデ(X JAPAN エックス・ジャパン)のアートパネル hid-0001-vv