読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『きみを拒否する、そのわけを』

お役立ち 小説 / 本

 

そもそも、花粉症って何なんだろうか。

花粉に対するアレルギーだ。

でも、花粉が何でアレルギー?

 

そもそも、アレルギーって何だ?

身体が異物に対して反応するってことだ。

それじゃ、花粉が異物?

何で?

花粉が身体の敵ってことなの?

 

僕は20代の終わりごろ、突然、花粉症と診断された。

どうやら、『治る』ものではないらしい。

しかし、以来、10年近く、『再発』していない。

まったくもって、平気である。

薬も使っていないし、手術もしていない。

感覚としては、文字通り、花粉に『平気』になってしまったようなのだ。

 

花粉症を治そうとしていたわけではないのだ。

(つまりは体質が変化したこと、だと思うのだが、そのあたりは以前に書いたので、興味のある方は)

http://go-do-life.hatenablog.jp/entry/2015/02/28/235609

 

年を重ねるとともに、確かに体力は落ちている。のだと思う。

だが、感覚的には、年々、健康度が増しているように感じる。

特に何かをしているわけではない。これから怪しい商品を売りつけようとしているわけではない。教義を説こうというわけでもない。

 

明確に、『これが効く!』とわかれば、おすすめしたいところなのだが、何せいろいろ試しすぎた。

僕は素人だ。

しかし彼女が病気になった。

『治らない』と言われた。

それならば、とまずは神頼みに走った。奇跡に関する本を読み漁った。祈った。パワースポットなるものが本当に存在するのか、身をもって体感すべしと足を運んだ。

代替医療という世界を知った。行けるだけ行った。勉強した。

たくさんの世界を知った。神がかりなところも人もいれば、アカデミックな、この国ではポピュラーではない医学もあることを知った。そして本当に奇跡のような、『えっ、うそ?』な現実も知った。人を救うことに懸命な人たちと出会うことができた。

 

身体のことを、メカニックに、細かく、精密に捉えること。

機械や顕微鏡で、数値化したり、科学的に見ること。

は、素人には無理だ。

それは『プロ』の仕事だ。

でも、その対極の『素人』って、何だ?

この身体を持って生きているのは、誰だ?

 

以前にも書いたが、やたら走って、やたら鍛えていた。

飲食店に勤めていたころに知り合った後輩。休憩中にも、20リットルのビア樽を両手に、持ち上げたり、下ろしたり、筋肉を酷使することを趣味としていた後輩がくれた、身体改造レシピ。

黙々とこなしているうちに、筋肉もそれなりについてくる。身体が変わっていく。ハードワークのあとに欲するものは、体が必要としているもの。勝手に要求してくる。

自然、食べるものも変わってくる。

 

これは本当に効くのか。この考え方、この祈り、この医療、この歴史。信じるに値するのか。

身をもって体感することしか、『素人』には方法がないではないか。

 

そうこうするうちに、健康になっていた。

どれがどう効いたんだか、わからない。

しかし、彼女との一件以来、僕は市販の薬を使わないでも、大抵の『症状』には対応できるようになった。

しょっちゅう、風邪はひくし、熱もしっかり出るけれど、そういうときにこそ、『勝負どころ』と対応できる身体になった。

 

花粉に対するアレルギー。

だけでなく、『アレルギー』が当たり前のようになっている現代。

ずっと昔からあったんだろうか?

細かく精密に見ていく技術が進んだから、より詳しくわかるようになったんだろうか?

 

今の仕事の関係で、こどもと接する機会が多い。

こどものアレルギーの多さには、慄然とする。

服用している薬の多さに愕然とする。

これは、東京の、ごく一部の話なのだろうか?

 

『健康に生きるとは、いったい、いかなることか』

考える方は、ぜひ手にとって読んでみて欲しい。

冒頭の “ 人間における自然ということ ” だけでも読んでみて欲しい。

『健康』の定義も変わり、『納得!』と頷かれることと思うのだが。 

体癖 (ちくま文庫)

体癖 (ちくま文庫)