読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『煌めく無数の星々をその手に』

 

銀河を舞台にした英雄たちの群像劇『銀河英雄伝説

おそるべき傑作である。

 

帝国VS同盟。

独裁主義VS自由民主主義。

そこに裏より宇宙を牛耳ろうとする第3の経済国家が加わることで三つ巴。

架空の宇宙の人類史として、後世の歴史家が記した書の体裁で描かれた、英雄たちの物語、銀河英雄伝説

 

何度となく、読み返してしまう。

 

蒼氷色と書いて、アイスブルー。

金銀妖瞳と書いて、ヘテロクロミア

蜜蜂色の髪をした心優しき提督の異名は疾風ウォルフ

戦艦の名にはユリシーズ

黒色槍騎兵艦隊と書いて、シュワルツ・ランツェンレイター…

思いつくまま、そこに登場する言葉を挙げていくだけでも、世界が立ち上る。 

なんて壮大で、鮮やかで、ロマンに溢れているんだろう…!と胸は高鳴る。

 

人名ひとつとっても、美しい。

ラインハルト・フォン・ローエングラム

ジークフリード・キルヒアイス

その2人が紡ぐ物語もまた、美しい。美しく、哀しい。

金髪と赤毛。無二の親友。分かちがたい絆。

2巻ラスト、何度読んでも締めつけられる胸。

 

天才的な能力を有しているにもかかわらず、本人はその力を忌み、民主主義の " 政治 " に巻きこまれ、やらざるを得ず「やれやれ…」、ベレー帽の魔術師ヤン。とその仲間たち。

寄せ集め13艦隊の物語、ヤンを北極星に志受け継ぐユリアンの物語も、折にふれては読み返したくなる。

 

何故。何故なのだ。

でも、わかる。そうせざるを得なかったのだ。

それが業であったのだ。

悲劇は眼に見えていた。終幕を感知していたはずだ。

にもかかわらず。

ロイエンタールの物語。それでも貫き通す美学。

生涯の戦友と、信頼し誇りに思い、ともに戦ってきたミッターマイヤーの心情。

なぜ、おまえは。

 

 

名言、名場面、名キャラクター溢れる、架空の銀河の興亡史

銀河英雄伝説

必読。必携。何度も読みたい全10巻。外伝もあり。

 

銀河英雄伝説 文庫 全10巻 完結セット (創元SF文庫)

銀河英雄伝説 文庫 全10巻 完結セット (創元SF文庫)

 

 

銀河英雄伝説(1) (Chara COMICS)

アニメ製作20周年記念 銀河英雄伝説 LEGEND BOX [DVD]

 

アニメ版、声、ぴったりだと思う。オーベルシュタインいいよなー。

漫画版のヤンとユリアンもいい感じ。

舞台、どうなんだろう?河村隆一版ヤン、観てみたい。