読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『流線型の夢を放つ』

 

今頃観た。

" 風立ちぬ "

 

「あの」宮崎監督最後の長編映画。

「あの」ジブリ

主演の声は「あの」人で。

 

とか、「あの」がついてしまうのは避けられず、何がしか先入観持って観てしまう。

 

しかし、そんな「あの」吹っ飛ばす傑作。気付いたら見入ってた。

 

かつて日本が美徳としていた「男児のあらまほしき姿」を体現するかのような主人公。

 

抱く美しい夢は、狂気孕んだ時代の風に、呪いを受けさえし、

しかし、それでも彼は腐ることも澱むこともない。

 

互いに惹かれあう、運命の恋人たち。

その契りは、どんな苦難にあっても、けっして破られることはなく、永久に繋がれ続ける。

 

胸に理想抱き、懸命に生きよ、とその作品は言う。

 

絵空事も大概に。

「まあ、そうであったら、いいよね」

「お話」「作り話だからね」

 

と、しかし。

そうは思わせぬリアリティ。

凛と立つ、「まっとう」な清冽さ。

 

「アニメ」なんて「映画」なんて「作品」なんて、「娯楽」でいいでしょ。

と捉える人にはまったく向けていない、" 風立ちぬ "

(しかし娯楽作品と見ても十分愉しめてしまうというクオリティ…)

 

忘れた頃にまた観たい。

 

風立ちぬ [Blu-ray]