読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

 その3  『魔法世界の扉を開く " BASTARD!!" 』 

はじめに。 漫画

 

色鮮やかで、胸躍る、魔法世界の物語。

 

BASTARD!!

Bastard!! 1 (ジャンプコミックス)

 

怪物、魔物の大胆にして緻密な絵。

『詠唱』により発動する魔法のかっこよさ。

ダークシュナイダーという破天荒なキャラクター。

登場する女性のかわいらしさ、美しさ。

そして、何よりも、何よりも。そのエロさ。

(好きであると公言したために、あいつはエロい、と嗤われることになった11歳の思い出。それゆえにまた秘密の大事な宝物ともなった)

 

ダークシュナイダーを唯一手玉に取れる、少女マリア、ヨーコ。

清楚、貞節、一途のシーラ姫。

褐色のエルフ、ダークシュナイダーの『娘』にして『恋人』、雷帝・アーシェス・ネイ。

ネイの忠実な部下、勝気な乙女、カイ・ハーン。

『女』を武器にすることもいとわぬ慈愛の娘、シーン・ハリ。

皆、魅力的である。

 

ひそかにネイを慕う、剛毅なサムライ・マスター、ガラ。

かつてのダークシュナイダーの右腕にして、敵として邪神復活を目論む氷の貴公子、

カル=ス。

不気味で奇妙に愛らしい魔導師、アビゲイル。

男たちもそれぞれ魅力的である。

 

第2部『地獄の鎮魂歌編』において登場するサムライたち。

魔戦将軍たちのカッコよさ。

 

BASTARD!!』は読んでいて愉しい。

世界のあちこちに散りばめられた作者の過剰な愛に、つい頬が緩んでしまう。

 

剣と魔法の物語。

西洋、中世的世界観のファンタジー作品の傑作は数あれど、『BASTARD!!』には、唯一無二の輝きがある。

 

膨張してゆく物語は、もはやどこに辿り着くのかわからない。

『作品』としての評価はまだつけられないだろう。

それでも、何度も読み返したくなるのは、やはり、『かっこよさと可愛さとおぞましさ』を表現する絵の力がずば抜けているからだ。

魔法を発動させるための『詠唱』描写、化物・魔物の造形が、のちのファンタジー作品にどれだけ影響を与えたか。

デタラメすぎる演出や、コマ間の手書き作者コメントも含めて、『BASTARD!!

 すこん、と抜けた青い空のような。

いっちょやってみるか。と勇気まで湧いてくるような。

オリジナリティ突出の稀有な漫画である。 

 

BASTARD!!―暗黒の破壊神 完全版 (Vol.1)

BASTARD!!―暗黒の破壊神 完全版 (Vol.1)

 

 


暁美ほむらが戦う理由。 - SOUL EAT!!!