読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『もっとも怪奇にして奇怪な復讐物語/ " 魔界行 " 』

小説 / 本

 

男は、妻と子供を奪われた。

 

世にも残虐な、残酷な仕打ちを受け、喪った。

 

因果関係もない、不条理な、偶然。

 

男の名は南雲秋人。ロサンゼルスの片隅で花屋を営む男。

 

彼は復讐を誓う。

妻と子を奪ったマフィアに報復を誓う。

 

そして、部屋の隅にあるロッカーから取り出す。

 

オートマチック、リボルバーグレネードランチャー、手榴弾催涙ガス、煙幕弾…

 

彼はただの花屋の主人ではなかった。

ささやかで、慎ましい、平凡な幸福を選び、軍役を退いた、戦士であった。

それも、極秘に"作られた"≪生体強化戦士≫であった。

 

容赦なく、凄惨に、その本領を発揮する南雲秋人。

 

マフィアたちにとっても、それは、予想もできなかった偶然であった。

最悪の敵を引き当て、目覚めさせ、呼び寄せてしまったのだ…

 

魔界行 (1) (ノン・ノベル―バイオニック・ソルジャー・シリーズ)

 

 ……と、これが、

菊地秀行の大傑作『魔界行』導入部なのだが、

このイントロの流れだけでも、一本の映画が撮れそうではある。

 

そういえば、先日、『イコライザー』という、ホームセンターに勤める、善良そうに見えるが、実はおそろしく強い、秘めた過去を持つ男の映画を観た。

 

敵はロシアンマフィアであった。

 

敵の冷酷さ、非道さ、その駆け引きだけでも、ひとつの物語になる好例であるのだが、

『魔界行』、敵も只者ではない。

 

マフィアたちは、1章で皆殺しにされる。

 

真の敵はその " 黒幕 " ではなく、妻を陵辱し、鰐をその宴の趣向に用いることを望んだ、関西系暴力団の組長。瓜生義和。

 

そして、その背後にいる、瓜生義和の義弟、義龍。

 

彼は、死霊を操る、黒衣の美貌の不死の魔人である

ヤクザの若い衆がゾンビなのである。

 

 

南雲が仇と追う義和は、ヤクザ世界では名の知れた豪傑ではあるが、彼らの前では、ただの人間である。

 

よって、逃げ惑うよりほかにない。

 

不死の魔人、義龍は、義兄のことを駒のひとつとしか捉えていない。

 

自分の目的のために義和を動かし、瓜生組を利用しているだけである。

 

復讐を果たすべき相手は逃げ惑う。

 

そして、その最終解決法がまたぶっ飛んでいる。

 

義和もまた " 人間 " であることを捨てるのだ。

 

 

異能力を持つ魔人たちの戦い。

 

それだけでも、大傑作太鼓判の『魔界行』であるが、その凄味は、やはり南雲秋人という主人公にある。

 

倒すべき、仇を討たずにはいられない、敵がいる。

 

思い出しては、灼熱の感情に囚われる、南雲秋人。

 

感情を抑制することなど、彼にとって、難しいことではない。

 

ただ、目的を、復讐を果たすのみ。

 

そして、彼は戦いの中に身を投じる……

 

 

のだが。

 

愛する妻と子を失った、ひとりの男、南雲秋人。

 

しかし、彼は、その力を発揮せずにはいられない。

 

地獄でこそ、魔界でこそ、彼はその本領を発揮できる。

 

南雲秋人は、もはや " 人間 " ではない。

 

戦士の業に逆らうことができない。

 

 

『これは、実験だ』

 

 

彼はつぶやく。

 

復讐の最中、激情に駆られることもなく、冷徹に。

 

そして、想起する映像の中で、妻はその許されざる蹂躙に歓び悶えてもいる。

 

南雲のいる世界、見ている世界は、地獄なのだ。

 

 

南雲秋人の、冷たく哀しい鋼の業。

日本刀の底冷えするような、光。

その凄味。

 

 

 

 

≪パワーライン≫を巡る魔人たちの戦い、その妖しい美しさ、おどろおどろしさだけでも必読の、時代を超える傑作

 

『魔界行』

 

一瞬しか出てこないが、南雲を" 作った"、盲目、鋼鉄の片腕を持つ老人、マクルーア博士なんて脇役まで魅力的。

 

 南雲の哀しい復讐行として物語を捉えてみれば、麻里子と出会い、寄り添ったあの瞬間に赦しは訪れたのだ…

と個人的には完結しているのだが、どうだろうか。

 

" 映像、ついに活字の力に及ばずーー "

 

筆者のその宣言どおり、『魔界行』においては、アニメ化も映画化もされていない。おそらくその魅力を描ききれない。

(『妖獣都市』は素晴らしい。 

『魔界に棲むもの。その絶世の美貌』 - SOUL EAT!!!

 

しかし。しかし、観てみたい。

陰鬱で、妖しく、怪奇な魅力に溢れた、奇怪な復讐劇『魔界行』

今なら、実写で可能な気もするのだが。

 

魔界行―完全版 (ノン・ノベル)

魔界行―完全版 (ノン・ノベル)