SOUL EAT!!!

歓び跳ねる、踊り狂う、炸裂する虹、そのかけらを一灯

『もっとも奇妙な復讐映画 / 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』

 

『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』

 

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [レンタル落ち]

 

レンタルバージョンのジャケ、キャッチコピーの、

 

" 記憶を失くした男に復讐の意味はあるのかーー "

" 「約束」と「絆」を貫く男たちのハードボイルドアクション "

 

まさに、その通りの映画である。

 

『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』

その邦題にロマンティシズムを感じる方は、もう、観るべきである。

 

キャッチコピー、タイトルに偽りなし。

 

まさに、そういう映画。

 

何者かに襲撃された娘とその家族。

夫と子供を奪われた彼女は、父に犯人への復讐を頼む。

年老い、今ではシェフとして生計を立てているが、

男もまた、かつてはその道で生きてきた男であった。

しかし。

男は、かつての戦いの代償として、脳に傷を負っている。

 

記憶が消えていってしまう

  

何のために戦うのかも、彼は忘れていってしまう。

誰に復讐するのかも、忘れてしまう。

 

その復讐。意味はあるのか?

 

そして、そこに、もうひとつのストーリーが加わる。

3人の殺し屋である。

 

これが、濃い。

 

男に雇われ、彼らはその復讐に力を貸すのだが、雇い主は彼らを雇ったことすら忘れてしまう。

騙すのは容易であり、わざわざ、リスクの高い仕事に体を張る必要もない。

人生を賭けるメリットなどあろうはずがない。

成功したとしても、雇い主は、それすら忘れるのだ。

" プロ "ならば、けっして引き受けない仕事。

だが、彼らは、" プロ " である前に、" 男 " なのだ。

 

" 「約束」と「絆」を貫く男たちのハードボイルドアクション "

 

彼らは約束をしたのだ。

雇い主は忘れてしまおうが、束の間のその交流に、彼らはを感じたのだ。

そして、彼らは、命を差し出す。死地へ赴く。

微笑さえ浮かべて。

 

……これを、カッコイイと言わなかったら、何がカッコイイと言うのだろうか。

 

タイトルもそうだが、男たちの友情、信頼、熱さ…。

クサくて観てられない、興味ない。

しかし、そんな人にも「観てみたら」と薦めたくなるのは、

 

斬新な映像美。

映画でしかできない表現。体験。

 

が、あるからだ。

 

3人の男たちの最後の戦いひとつ取っても、

よくあんなの思いついたな…!

と、まず発想に驚く。

晴天の下、だだっ広い空間に、ごろごろ転がりはじめる巨大な立方体。

あんな銃撃シーン、観たことない。 

 

 

「しかし、この映画……詰め込みすぎなんじゃ……? でも、でも、なんだか好きなんだよね!」

な『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』

 

誰をやるのか、なぜ殺すのかもわからなくなってしまう復讐者と、

約束は必ず果たす、と " 信 " を貫く男たち。

 

もっとも奇妙で、胸が熱くなる、復讐映画。

 

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [DVD]

 

 

 

go-do-life.hatenablog.jp

 

 

go-do-life.hatenablog.jp